豪ブリスベンG20サミット、最も安いホテルに宿泊するのはどの国の首脳?それは安倍首相です!―英紙

配信日時:2014年11月14日(金) 2時22分
豪ブリスベンG20サミット、最も安いホテルに宿泊するのはどの国の首脳?それは安倍首相です!―英紙
画像ID  443108
12日、英紙デイリー・メールは、豪ブリスベンで15〜16日に開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会合に出席する各国首脳の宿泊先が、大きな話題の一つとなっていると報じた。写真はブリスベン。
2014年11月12日、英紙デイリー・メールは、豪ブリスベンで15〜16日に開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会合に出席する各国首脳の宿泊先が、大きな話題の一つとなっていると報じた。

その他の写真

最も高価なホテルで枕を高くするのはオバマ米大統領。マリオット・ホテル最上階のプレジデンシャル・スイート(約130平方メートル、約39坪)一晩の滞在料金は2500豪ドル(約25万2000円)。

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は、スタンフォード・プラザのスイート。1泊1695豪ドル(約17万1000円)で、広さはオバマ大統領をしのぐ250平方メートル(約76坪)。

キャメロン英首相はトレジャリー・ホテルで1泊1259豪ドル(約12万7000円)。ロシアのプーチン大統領はヒルトン・ホテルで615豪ドル(約6万2000円)。

最も倹約なのは安倍晋三首相で、ノボテルの宿泊料はたったの1泊200豪ドル(約2万円)だという。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事