Record China

ヘッドライン:

韓国人歌手、竹島で歌った曲を無料配布し抗議=韓国ネット「政府よりも頼もしい」「日本を嫌いになりそう」

配信日時:2014年11月13日(木) 11時38分
拡大
13日、韓国メディアによると、韓国人歌手イ・スンチョルさんが、日本への抗議として、今年8月に竹島で歌った曲「その日に(南北統一ソング)」を無料で配布することが分かった。韓国のネットユーザーからは称賛の声が上がっている。写真は韓国の独島体験館。
(1/2枚)

2014年11月13日、韓国・朝鮮日報によると、日本で入国を拒否された韓国人歌手イ・スンチョルさんが、日本への抗議として、今年8月に竹島で歌った「その日に(南北統一ソング)」を無料で配布すること分かった。

その他の写真

イさんの所属事務所は入国を拒否された理由について、竹島で同曲を歌ったためだとみている。また、イさんは記者会見で、「世界中の人にこの曲を聞いてもらいたい。そして韓国領土である独島(竹島の韓国名)や統一について考えてほしい」、「正当な権利に対する無言の圧迫には屈しない」などと語った。

これに対し、韓国のネットユーザーからは称賛の声が上がっている。

「さすがイ・スンチョル!レベルの高い人間だ」

「歴史の教科書に載せるべき。それから、テレビでも毎日この歌を流してほしい」

「政府よりも芸能人の方が頼もしい」

「日本政府のせいで、好きだった日本を嫌いになりそう」

「日本はなんで、自ら世界に嫌われようとするのかな?」

「日本はイ・スンチョルを敵に回しちゃったね。大韓民国万歳!」

「一般人にできることは、日本製品を買わないこと」

「これが本物の音楽だ。気持ちが伝わってくる」

「日本政府は入国を拒否した理由をはっきり公表しろ!世界から笑われるのが怖いのなら、最初から入国拒否なんてするな」(翻訳・編集/篠田)

関連記事

日本の市民意識「お手本にすべき」、「ご自由に」で傘が増えていく光景に―韓国ネット

8日、韓国のウェブサイトに「日本の市民意識」と題したスレッドが立ち、地下鉄駅の出口横に置かれた傘立ての傘が減るどころか、次第に増えていった光景を紹介すると、韓国のネットユーザーからは「お手本にすべき」などの反響が寄せられた。写真は日本の駅傘。

Record China
2014年11月8日 12時42分
続きを読む

ランキング