羽生結弦の銀メダル、韓国で批判「審判のおかげ」「キム・ヨナかわいそう」―中国メディア

配信日時:2014年11月11日(火) 22時40分
羽生結弦の銀メダル、韓国で批判「審判のおかげ」「キム・ヨナかわいそう」―中国メディア
画像ID  442867
11日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯で負傷した羽生結弦が2位を獲得したことを受け、韓国メディアは「審判団の助けでメダルを獲った。同様の『恩恵』にあずからなかったキム・ヨナはかわいそうだ」と伝えた。
2014年11月11日、騰訊によると、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯で負傷した羽生結弦が2位を獲得したことを受け、韓国メディアは「審判団の助けでメダルを獲った。同様の『恩恵』にあずからなかったキム・ヨナはかわいそうだ」と伝えた。

その他の写真

羽生は本番前の6分間練習で中国選手と衝突。あごや頭を負傷し、フリーで5度転倒したにもかかわらず2位となった。これに対し、韓国メディアは「予想した通り審判団の助けで銀メダルを獲れた。彼自身にも信じられない点数だったため、演技後に号泣したのだ」と報じた。直接的に批判しなかったが、羽生が審判のお目こぼしでメダルを獲ったと皮肉った。

一方、韓国のインターネット上では、羽生の得点を「ショートもフリーも高すぎで理解できない。五輪チャンピオンはこれほど待遇がいいのか」、「5度転んで銀メダル。われわれの選手(キム・ヨナ)は完ぺきに演じて銀メダル。待遇は雲泥の差だ」、「羽生に嫉妬する。ヨナがかわいそう」などの声が上がった。日本のネット利用者からは「すべてキム・ヨナにこじつけて考える」、「韓国人は被害妄想で人間性に欠けている」などの反論が出ている。(翻訳・編集/AA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事