「そして私は、東京の大学に留学することになった…」、日本への思いを強くした2年前のあの日―中国ネット

配信日時:2014年11月7日(金) 5時32分
「そして私は、東京の大学に留学することになった…」、日本への思いを強くした2年前のあの日―中国ネット
画像ID  442263
23日、中国新聞網は9月の訪日中国人観光客が過去最多を記録したことを伝えた。そんな中、先日、中国のインターネット上であるネットユーザーが自身の日本旅行の体験談を語った。写真はサービスエリア。
2014年10月23日、中国新聞網は、9月の訪日中国人観光客が前年比26%増の109万9000人で過去最多を記録し、7月から3カ月連続で国別最多だったことを伝えた。日本は10月1日の国慶節連休に合わせて新たな免税制度を実施するなど、中国人観光客の取り込みに力を入れている。

その他の写真

そのような中、先日、あるネットユーザーが中国のインターネット上で自身の日本旅行の体験談をつづった。以下はその概要。

2012年の春、私は自分の20回目の誕生日を祝うために、一人で日本を旅行した。その時はまだ、日本語を勉強し始めたばかりで、現地の人とのコミュニケーションは限られていた。

高速バスで静岡県を通過するとき、途中で止まったサービスエリアで買い物をした。商品をレジに持って行くと、レジのおばさんが私に「外国の方ですか?お一人ですか?どうして日本に来たの?」と話しかけてきた。私は片言の日本語で、今日は自分の誕生日で自分へのプレゼントとして初めて海外に来たこと、「一人旅を達成したい」という思いなどを伝えた。

するとおばさんは、会計が終わった後に、何も言わずに私の袋にお茶の葉を一缶入れてくれた。私はとても驚いた。おばさんはただ笑顔でこちらを見ながら、身振りでプレゼントだということを示した。そのおばさんの笑顔は、2年経った今でも忘れられない。その時から、日本に留学したいという思いが以前にも増して強くなった。そして、私は今秋、東京の大学へ留学することになった。(翻訳・編集/TK)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<