Record China

ヘッドライン:

アンソニー・ウォン「中国人はイナゴ」否定、雲隠れした発信元に法的手段も―香港

配信日時:2014年11月5日(水) 17時19分
拡大
3日、香港の俳優アンソニー・ウォンが、中国本土の人々を「イナゴ」と罵倒したという報道を否定し、噂の発信元に対し法的手段に訴えると語った。写真はアンソニー・ウォン。
(1/2枚)

2014年11月3日、香港の俳優アンソニー・ウォン(黄秋生)が、中国本土の人々を「イナゴ」と罵倒したという報道を否定し、噂の発信元に対し法的手段に訴えると語った。騰訊が伝えた。

その他の写真

アンソニー・ウォンは香港の民主派による抗議活動に賛同するタレントの1人。このほど中国のネットユーザーが、「中国人はイナゴだ」とアンソニーが発言したとする情報を中国版ツイッターで拡散。民主派デモの敏感な話題に乗じて、中国のネット上ではアンソニーへの批判が噴出した。これについては2日、アンソニーの所属事務所が発言を否定。発信元に対し法的措置も辞さない構えを見せている。

3日、主演映画「潜龍風雲(大茶飯)」のキャンペーンに出席したアンソニー自身が騒動を語った。「中国人はイナゴ」発言は、「かつて自分がツイッターでつぶやいたことを、勝手に意味を曲げて拡散されたもの」と説明。発信元はすでにアカウントを削除し雲隠れしているが、「見つけ出したら、必ず法的手段に訴える」と怒りを込めて語った。

今回、民主派支持をいち早く表明したのが、香港の俳優チャップマン・トー(杜[シ文]澤)。かつてアンソニーとの不仲説で話題になったが、支持派同士での映画共演のうわさも聞かれている。これについてアンソニーは、「共演は仕事上の関係を結ぶこと。拒む理由はない」とコメント。チャップマンについては、「別に嫌いじゃない。本当に嫌いな奴はもっとほかにいる」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング