Record China

ヘッドライン:

餃子の王将、中国から撤退=中国ネット「パクリ店だと思ってた」「中国人が日本で寿司屋を始めるようなもの」

配信日時:2014年11月4日(火) 5時58分
拡大
31日、中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは、中国・大連の運営子会社を解散し、中国市場から撤退すると発表した。写真は日本の店舗。
(1/2枚)

2014年10月31日、中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは、中国・大連の運営子会社を解散し、中国市場から撤退すると発表した。

その他の写真

渡辺直人社長はこの日の決算会見で、進出して10年間で2億3700万円の赤字だったことを明らかにした上で、「日本の餃子の味が、中国では受け入れられなかった」と話した。

このニュースについて、中国のネットユーザーは次のような反応を示している。

「餃子発祥の地で餃子を売る。失敗するのは必定さ」

「本場・中国で餃子を売るという発想がクレイジー」

「中国人が日本で寿司屋を始めるようなもの」

「日本のメニューをそのまま持ち込んだのが失敗。吉野家のように中国人消費者の好みに合わせたメニューを提供しないとね」

「大連で見かけたが、パクリ店だとばかり思っていた。正規の店舗だったとは意外だ。進出して10年もあれば、中国市場に適応する時間も十分にあったはず。大連ではなく、北京や上海に店を構え、中国人に経営を任せればよかったのでは」(翻訳・編集/NY)

関連記事

ランキング