Record China

ヘッドライン:

収賄で失脚の中国元制服組トップ、軍事検察院が起訴へ=徐才厚収賄認める―中国

配信日時:2014年10月29日(水) 9時59分
拡大
27日、中国軍事検察院は、徐才厚前中央軍事委員会副主席に対する捜査を終え、起訴に向け審査を開始したと明らかにした。写真は徐才厚。
(1/2枚)

2014年10月27日、中国軍事検察院は、徐才厚(シュー・ツァイホウ)前中央軍事委員会副主席に対する捜査を終え、起訴に向け審査を開始したと明らかにした。28日新華社通信が伝えた。

その他の写真

元制服組トップの徐氏は、今年6月に収賄容疑により党籍・軍籍剥奪の処分を受けていた。軍事検察院の捜査によると、徐氏は職権を乱用し、他人の昇進で便宜を図り、直接もしくは自身の家族を通して巨額の収賄をしていた。徐氏は収賄を認めている。(翻訳・編集/内山

関連記事

<巨竜を探る>習近平、周永康立件で「一石三鳥」狙う―江沢民らの「摘発自制」進言を一蹴、大胆改革断行へ

中国では1949年の建国以来と言われる大がかりな汚職・腐敗撲滅運動が展開されている。胡錦濤政権時代に最高指導部の党政治局常務委員を務めた周永康氏が「重大な規律違反」容疑で立件されることになった。写真は同氏。

八牧浩行
2014年8月6日 6時10分
続きを読む

ランキング