中国漁船が小笠原沖でサンゴ密漁=韓国人は「中国人が増えると地球が荒廃」「日本よ、奪われる気分はどう?」

配信日時:2014年10月29日(水) 0時20分
中国漁船が小笠原沖でサンゴ密漁=韓国人は「中国人が増えると地球が荒廃」「日本よ、奪われる気分はどう?」
画像ID  440980
26日、多数の中国漁船が日本の小笠原諸島沖でサンゴの密漁を行っており、日本が対応に苦慮している実情が韓国で伝えられた。韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。
2014年10月26日、中国サイトによると、多数の中国漁船が日本の小笠原諸島沖でサンゴの密漁を行っていることが韓国のニュースサイトで伝えられた。

その他の写真

報道は、「違法操業の中国漁船に日本が頭を痛めている」とし、海上保安庁がわずかな巡視船で対応に追われている状況を伝えている。これに対し、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントをしている。以下はその一部。

「中国人のせいで海洋資源が枯渇してしまいそうだ。中国人が増えると、地球はますます荒廃してしまう」

「未開の中国人たち…やつらが通った後には何も残らない。人類共通の利益のため、中国人をしっかり監視すべきだ」

「日本のことは嫌いだが、世界の海洋資源や環境を中国から守らなければいけない」

「中国の欲望はすごい。世界中のすべての土地が自分たちのもののように振る舞っている。地球はお前らのものではないぞ!」

「まさにワンピース」

「ソマリアの海賊に対するのと同様の対応をすべし」

「中国の違法行為は韓国に対してだけじゃなかったんだな…もう何も言えない」

「日本人よ、他人に奪われる気分はどうだい?」(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事