シドニーの中華レストラン、張り紙が「差別的で法律違反」の疑い=韓国商店も過去に指摘受ける―英紙

Record China    2014年10月26日(日) 15時26分

拡大

26日、豪華字メディア・新快網は、「オーストラリア・シドニーの多くの中華レストランで、中国語で書かれた従業員募集広告を張り出したことが『反差別法』に違反しているのではと物議を醸している」と伝えた。写真はシドニーにある中華レストラン。

(1 / 3 枚)

2014年10月26日、豪華字メディア・新快網は、「オーストラリア・シドニーの多くの中華レストランで、中国語で書かれた従業員募集広告を張り出したことが『反差別法』に違反しているのではと物議を醸している」と伝えた。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

現地の反差別委員会は、「多くの人が読めない言語を使用して従業員を募集することは違法ではない。レストラン側が明確に“中国人しか雇わない”と発言すれば、反差別法案に違反する。そういった現象が発生すれば、我われわれは調査を開始する」と述べている。

このほか、英紙デイリー・テレグラフによると、以前シドニーの韓国系商店で、韓国人しか雇わないとの広告が掲載され、反差別法における違反を指摘された。同商店のオーナーは、英語が拙いために起きた誤解だと弁明した。(翻訳・編集/内山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携