Record China

ヘッドライン:

旧日本軍の遺棄化学兵器被害者、日本の医師らが健康診断=検査費用は日本からの寄付で賄う―黒竜江省

配信日時:2014年10月26日(日) 16時53分
拡大
25日、中国黒竜江省で旧日本軍が遺棄した化学兵器からマスタードガスが漏れ出し、周辺住民が健康被害を受けた問題で、日本の民間医療団体「全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)」がこのほど、同省の市民27人を対象に健康診断を実施した。
(1/2枚)

2014年10月25日、新華網によると、中国黒竜江省で旧日本軍が遺棄した化学兵器からマスタードガスが漏れ出し、周辺住民が健康被害を受けた問題で、日本の民間医療団体「全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)」がこのほど、同省の市民27人を対象に健康診断を実施した。

その他の写真

検査は06年以来6度目。日本の内科、外科、神経科などの医師が胃カメラ、心電図、超音波検査など複数項目で検査を行った。全日本民医連によると、検査にかかる費用はすべて日本からの寄付で賄われている。今回は毒ガス漏出の被害者の状態をみるだけでなく、治療や回復の状況も確認したという。

全日本民医連では2年に1回、黒竜江省で被害者の健康師団を行っている。(翻訳・編集/AA)

関連記事

旧日本軍慰安所、上海に160カ所超―中国メディア

11日、中国慰安婦問題研究センターのセンター長を務める上海師範大学人文伝播学院の蘇智良院長は、「旧日本軍が上海に設置した慰安所は160カ所を上回ることが判明した」と話した。写真は南京の旧慰安所史跡。

Record China
2014年8月13日 20時13分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング