Record China

ヘッドライン:

韓国人留学生2人が困惑、現地のイタリア人から日本語で「ありがとう!」と言われ…―中国ネット

配信日時:2014年10月26日(日) 1時36分
拡大
20日、中国のインターネット掲示板で、イタリアに留学していた中国人女性が、イタリア人の韓国に対する認識について紹介している。
(1/2枚)

2014年10月20日、中国のインターネット掲示板で、イタリアに留学していた中国人女性が、イタリア人の韓国に対する認識について紹介している。

その他の写真

ミラノの大学に留学していたとき、同じ寮に2人の韓国人の女の子がいた。私たちは仲が良く、よく共用のキッチンで一緒に料理をしていた。

一般的なイタリア人は、2人がKorean(韓国人)だと知ると、ほとんどが「南朝鮮(韓国)?それとも北朝鮮?」と質問する。2人は私によく「あの人たち、本当に北朝鮮人がここに留学できると思ってるのかしらね」と愚痴をこぼしていた。

また、ほかのイタリア人は2人に向かって「ARIGATO(ありがとう)」と言って友好的な態度を示そうとする。彼女たちはそのたびに困惑し、「それは日本語よ」と説明することになる。イタリア人は日本文化への理解が深いようだが、正確でないこともしばしば。日本のものを中国のものだと勘違いして、「これ中国語で何ていうの?」と尋ねられたことも一度や二度ではない。

イタリア人にとって、日中韓の区別は非常にあいまいだ。私たちはひと目でこの3カ国の人を見分けることができるが、彼らはみんな同じに見える。文字や言葉もそうだ。「君たちは互いの言葉がわかるんだろう?」などと聞かれることもよくある。私たちが日本語を話せたとしても、彼らにとっては意外でも何でもないのかもしれない。

中国人の韓国や韓国人に対するイメージは、ニュースを除けばドラマか芸能だ。イタリア人はこうした文化に触れることもできない。歴史ある中国の文化でさえ、イタリアでは浸透していると言えないのだから、韓国文化が認知されないのも無理はないのだろう。(翻訳・編集/TK)

関連記事

嫌韓だった中国人の考え方が一変!=「ありがとうと言ったが、おじさんは何も言わなかった…」―中国ネット

22日、中韓文化交流を目的とした200人規模の中国青年代表団がソウルに到着。両国の間では、こうした交流行事も活発になっている。そのようななか、以前は悪かった韓国人の印象が変わったという文章が中国のネット上に書き込まれた。写真は済州島。

Record China
2014年10月25日 7時40分
続きを読む

ランキング