Record China

ヘッドライン:

福田元首相が習近平国家主席と会談へ=中国ネット「福田さんは“平和の使者”だ」「彼では役者不足」

配信日時:2014年10月25日(土) 14時21分
拡大
24日、日中消息筋は、福田康夫元首相が29日に北京で習近平国家主席と会談を行うと明かした。この報道に、中国のネットユーザーはさまざまな反応を示している。写真は北京の天安門。
(1/2枚)

2014年10月24日、日中消息筋は、福田康夫元首相が29日に北京で習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談を行うと明かした。会談では、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で日中首脳会談を実現させるための意見交換が行われるとみられる。

その他の写真

この報道に、中国のネットユーザーはさまざまな反応を示している。「日本が謝罪して島を返すまでは会うな!」「日本人の戯言を真に受けてはならない。誠意があるかないかは、実際の行動でのみ評価する」といった厳しい意見や、「福田さんは“平和の使者”と言っていい」「日中関係の改善は必須だ」といった関係改善に前向きな意見もある。

また、「正直、福田康夫の中国でのイメージは悪くない」「あなたなら歓迎する。安倍首相は歓迎しないけど」といった訪中を歓迎する意見がある一方、「福田康夫では役者不足」「今の福田康夫が日本政府を代表すると言えるの?」といった懐疑的な見方も。さらに、「時が経てば状況は変わる。福田元首相が何を言うのか静観しよう」といった冷静なコメントも見られる。(翻訳・編集/TK)

関連記事

「日中関係は本当に最悪なのか?日中経済交流の現状を語る」講演会が北京で開催―中国メディア

21日、日本駐中国大使館、日本僑報社、北京日本人学術交流会が共催する日中経済関係主題講演会、及び『日中関係は本当に最悪なのか?――政治対立下の経済発信力』(日本語版)の出版記念会が今月19日午後、駐中国日本大使館ニュース文化センターで行われた。

Record China
2014年10月21日 17時10分
続きを読む

<尖閣問題>首脳会談でこだわれば日中ともに不利に、妥協点を探るだろう―香港メディア

15日、11月に中国北京市で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議について、台湾淡江大学アジア研究所助教授の徐浤馨氏は「尖閣諸島の領有権問題にこだわるやり方は聡明とはいえず、日中とも利益にならない」と指摘した。

Record China
2014年10月18日 22時12分
続きを読む

ランキング