Record China

ヘッドライン:

従軍慰安婦がテーマの韓国映画、撮影開始=韓国ネット「日本人みんなが見るべき」「一番恥ずかしいのは…」

配信日時:2014年10月24日(金) 22時21分
拡大
23日、韓国メディアによると、旧日本軍の従軍慰安婦をテーマにした映画「帰郷」の撮影が韓国の慶尚南道で始まった。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はソウル日本大使館前の慰安婦像。
(1/2枚)

2014年10月23日、韓国・聯合ニュースによると、旧日本軍の従軍慰安婦をテーマにした映画「帰郷」の撮影が韓国の慶尚南道で始まった。

その他の写真

この映画は、在米韓国人らを後援するユ・ヨング全米後援会長や市民の支援金で製作されている。来年8月15日(韓国の独立記念日)に公開する予定だと伝えた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「日本人みんなが見るべき映画だ」

「公開されたら、一番に安倍首相に見てほしい」

「撮影がうまくいくように、みんなで寄付をしよう」

「日本の右翼団体からの批判が怖いな」

「世界が慰安婦問題の真実を知るきっかけになればいい」

「高校生の時、ドキュメンタリー番組を見て初めて慰安婦問題を知った。今も解決されていないことが悲しいけど、こうやって国民に広めていくことはすごく大切」

「実際、慰安婦問題に無関心な韓国人は多い。それが一番恥ずかしいことだ」

「元慰安婦のおばあちゃんたちが生きている間に、必ず日本から謝罪を受けなければいけない」(翻訳・編集/篠田)

関連記事

朴大統領、日韓議員連盟代表団と面会へ=韓国ネット「慰安婦問題を解決してからに!」「日本と縁を切ろう」

24日、韓国・聯合ニュースは、韓国の朴槿恵大統領が24日午後、日韓議員連盟代表団と面会し、両国の懸案について意見を交換すると報じた。この件に関し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。

Record China
2014年10月24日 12時42分
続きを読む

日本の市民団体、「侵略の歴史」直視を日本政府に呼びかけ―中国メディア

21日、日本の市民団体「東アジア市民連帯」は東京の参議院議員会館で集会を開き、侵略戦争と植民地支配の歴史を直視し、真摯に謝罪し、賠償するよう日本政府に呼びかけるとともに、そうしてこそ東アジアの平和は実現できると訴えた。写真は国会議事堂。

Record China
2014年10月23日 6時1分
続きを読む

「涙が出た」「アメコミヒーローみたい」米国で慰安婦像を批判したテキサス親父に、日本からコメント続々

22日、テキサス親父の名前で知られている米国の評論家、トニー・マラーノ氏がカリフォルニア州グレンデール市議会で慰安婦像について発言したことが、日本で注目を集めている。写真はニュージャージー州パリセーズパーク市の慰安婦の碑。

Record China
2014年10月23日 0時20分
続きを読む

韓国抗日映画「鳴梁」の監督、「日本人が歴史を知るきっかけに」日本公開を希望=韓国ネット「やりすぎだ」

5日、韓国メディアによると、韓国で大ヒットした映画「鳴梁」の監督が、「鳴梁」の日本公開を希望している理由を明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は池袋の映画館。

Record China
2014年10月7日 6時47分
続きを読む

韓国軍内で「抗日映画」放映へ、40日間で100回=軍関係者「士気向上につながる」―韓国メディア

21日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国防部は9月22日から10月31日までの40日の間に、陸、海、空軍をはじめとする韓国軍兵士たちを対象に「抗日映画」を無償で100回放映することを決めた。写真は「鳴梁」を伝える中国の報道。

Record China
2014年9月22日 13時19分
続きを読む

ランキング