Record China

ヘッドライン:

嫌韓だった中国人の考え方が一変!=「ありがとうと言ったが、おじさんは何も言わなかった…」―中国ネット

配信日時:2014年10月25日(土) 7時40分
拡大
22日、中韓文化交流を目的とした200人規模の中国青年代表団がソウルに到着。両国の間では、こうした交流行事も活発になっている。そのようななか、以前は悪かった韓国人の印象が変わったという文章が中国のネット上に書き込まれた。写真は済州島。
(1/4枚)

2014年10月22日、深セン特区報によると、200人規模の中国青年代表団が韓国女性家族部の招待を受け、ソウルに到着した。8日間の滞在を通して、中韓の文化交流の促進を図る。中韓両国の間では、こうした交流行事も活発になっている。

その他の写真

そのようななか、中国のインターネット掲示板に、以前は悪かった韓国人の印象が変わったという文章が書き込まれた。以下はその概要。

私は2月に韓国に行った際、韓国人に対する認識を改める出来事に遭遇した。私は以前、反韓派だった。2002年の日韓ワールドカップの不正疑惑や、中国文化を自国の文化として世界遺産に申請する行為を軽蔑していた。韓流にもまったく興味がなく、携帯電話もサムスン製は候補にも挙げなかった。しかし、韓国に行った後、私の考え方は変わった。

きっかけは済州島での出来事だ。2月の済州島は寒い。私は島の中心にある漢拏山を登ろうと思っていた。しかし、宿泊したホテルのオーナーは私の服装を見て驚き、「そんな格好では絶対にダメだ」と言った。私はその言葉に引っ掛かりながらも、翌朝早くに、小雪が舞う漢拏山を登ることにした。

登り始めた時は、正直、ドキドキしていた。ほかの登山客は少なく、装備もプロ並みだった。自分の軽装を見て、どれだけ登れるか不安だった。しかし、結果はなんてことはなかった。冬の悪天候も関係なく、昼には山頂に到達した。そこで私はさらに険しい、観音寺コースで下山することを決意した。

下山途中、3人組の女性登山者と出会った。彼女たちといろいろ話してみると、考え方にそれほど偏りがないことがわかった。山は次第に雪が深くなり、道は雪に覆われて進めず、立ち入り禁止を示すロープを伝って下りて行くことに。3人の女性はみな親切で、1人は私に手袋を貸してくれた。私たちは麓まで下りて別れた。

観音寺まで来て思い出したのだが、この季節はここから市内へ向かうバスはなく、最も近いバス停でも3.5キロは離れている。山頂から18キロのコースを下ってきた私の足にはすでに水膨れができていた。しかし、遅くなるとバスもなくなると思い、仕方なく歩き出した。

道路は時々、車が通るが、歩行者は誰もいない。私は寒さと疲れと空腹と足の痛みでボロボロだった。その上、道を間違えやしないか、バス停に着いてもバスがないのではないか、なんでホテルのオーナーの言うことを聞かなかったのだろう、と心配と後悔ばかりが募った。

その時、一台のタクシーが目の前に止まった。私は心の中で、「私をだますつもりだろう。そうはいくものか。ここで車に乗って、金をだまし取られるなど絶対にダメだ。もう、動けないけど…」と思った。しかし、実際は違った。

助手席のおじさんが韓国語で何か話したが聞きとれず、私は英語で「英語を話せますか」と聞くも、「NO」との返事。ダメかと思ったが、おじさんの息子とその友達が英語ができたため、なんとか行き先を伝え、車に乗せてもらうことができた。

道中、おじさんたちは私にたくさん食べ物を分けてくれた。お腹が空いていた私は、それを全部食べ尽くしてしまった。おじさんと私は会話はできなかったが、私は彼の心の美しさに触れた。車を降りるとき、「カムサハムニダ(ありがとう)」とだけ言ったが、おじさんは何も言わなかった。

この話は別に大したことではなく、欧米では日常茶飯事かもしれない。しかし、いつも美しい心と向上心を持っている民族は、たとえ今がどんなにひどかろうと、最後には穏やかさと平和を手に入れる。「衣食足りて礼節を知る」と言うが、彼らにはまだ時間が足りないのかもしれない。受け入れられない部分もあるかもしれないが、われわれが彼らに学ぶべきところもきっとあるはずだ。(翻訳・編集/TK)

関連記事

訪日韓国人観光客が「まさか本当に…」と驚きの体験!=「日本は嫌いになれない国になった」―韓国ネット

29日、韓国メディアは日本を訪れる韓国人観光客が減少傾向にあると伝えたが、一方で日本旅行で感動的な体験をする韓国人もいるようだ。韓国のインターネット上に、5月に日本を訪れた際の出来事をつづったブログが掲載された。写真は羽田空港。

Record China
2014年9月17日 5時40分
続きを読む

ランキング