Record China

ヘッドライン:

菅官房長官「河野談話の継承」強調も、「強制連行」は否定―中国メディア

配信日時:2014年10月23日(木) 17時30分
拡大
22日、中国新聞網によると、日本メディアは日本の菅官房長官が記者会見で河野談話について、「日本政府は談話の方針を継承することに変わりはないが、河野氏の強制連行を認める発言とは区別するべきだ」と話したと報じた。写真は南京利済巷のアジア最大の慰安所跡地。
(1/4枚)

2014年10月22日、中国新聞網によると、日本メディアは日本の菅義偉官房長官が記者会見で河野談話について、「日本政府は談話の方針を継承することに変わりはないが、河野氏の強制連行を認める発言とは区別するべきだ」と話したと報じた。

その他の写真

菅官房長官は、「強制連行を示す資料がない状況で、日韓両国政府は事実をゆがめない範囲で最大限の協調を図った。河野氏の発言とは区別することを期待する」と述べた。菅官房長官は21日の参議院内閣委員会で、河野氏が当時強制連行を認める発言をしたことについて「大きな問題だ。そこ(強制連行)は否定し、政府として日本の名誉と信頼を回復すべく訴えている」と述べるとともに、「河野談話」を見直す考えはないと強調した。

河野氏は、談話を発表した1993年8月の記者会見で、強制連行の事実があったかを問われ、「そういう事実があった」と認める発言をし、これが強制連行を日本が認めたとする証拠の1つとみなされている。この問題について菅官房長官は、「韓国をはじめ、誤った認識が国際社会に広がった」と指摘している。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

日本の市民団体、「侵略の歴史」直視を日本政府に呼びかけ―中国メディア

21日、日本の市民団体「東アジア市民連帯」は東京の参議院議員会館で集会を開き、侵略戦争と植民地支配の歴史を直視し、真摯に謝罪し、賠償するよう日本政府に呼びかけるとともに、そうしてこそ東アジアの平和は実現できると訴えた。写真は国会議事堂。

Record China
2014年10月23日 6時1分
続きを読む

韓国外相「慰安婦問題、早急な解決を」=韓国ネット「韓国占領しか頭にない日本人」「韓国は偽善国家だ」

21日、韓国メディアによると、谷内正太郎国家安全保障局長は韓国の尹炳世外相らと会談し、北朝鮮問題や悪化している日韓関係について協議した。韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2014年10月22日 12時33分
続きを読む

ランキング