【募集中】韓国語社内スタッフ

最高時速505キロ、日本のリニア新幹線着工認可=中国ネットはやっかみと称賛が入り混じる

配信日時:2014年10月21日(火) 7時12分
最高時速505キロ、日本のリニア新幹線着工認可=中国ネットはやっかみと称賛が入り混じる
画像ID  440062
19日、日本の国土交通相がリニア中央新幹線の工事実施計画を認可したとのニュースを受けて、中国のネット上にはユーザーからのやっかみと称賛の声があふれている。資料写真。
2014年10月19日、中国各紙は、日本の国土交通省がリニア中央新幹線の工事実施計画を認可したと一斉に報じた。

その他の写真

日本のJR東海は今年8月、品川―名古屋間の工事実施計画の認可を申請。2027年の開業を目指し、総事業費5兆円の巨大プロジェクトが始動する。リニア新幹線の最高時速は505キロメートルで、品川―名古屋間286キロメートルの所要時間は、現在の約1時間30分から約40分に短縮される。超電導リニア技術が高速鉄道に導入されるのは世界で初。

この報道に中国のネットユーザーは敏感に反応した。ネット上にはやっかみにもとれる皮肉たっぷりのコメントや、素直に日本の技術を称賛するコメントが集まっている。以下は主なコメント。

「あんなに狭い国土で時速500キロ?海に突っ込んで終わりだろ」

「90分が40分に短縮されて、いくらの経済的利益が出るんだ?」

「2027年?何を根拠に?中国の高速鉄道がすごいから焦ってるだけだろ」

「時速500キロで安全なのか?試運転には安倍首相を乗せろよ」

「やっぱり日本はすごい!」

「日本の話で良かったよ。中国だったらカネの無駄になるからな」

「日本には独自の技術がある。パクリの技術しかないのに、自国の技術だと厚かましく言い張るどこかの国とは大違いさ」(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事