Record China

ヘッドライン:

村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞できない理由は?―中国メディア

配信日時:2014年10月13日(月) 17時56分
拡大
9日、スウェーデン・アカデミーは2014年のノーベル文学賞受賞者にフランス人作家のパトリック・モディアノ氏を選出した。日本の村上春樹氏は、またも受賞を逃した。写真は中国語版の村上春樹氏の小説。
(1/3枚)

スウェーデン・アカデミーは9日、2014年のノーベル文学賞を、フランス人作家のパトリック・モディアノ氏に授与すると発表した。日本の作家・村上春樹氏は、またもや受賞を逃した。スウェーデン王立科学院のオフィシャルサイトによると、今年の同賞は210人の候補者がおり、うち36人が初めて候補に入った。うち、中国で最も有名な日本人作家の村上春樹氏は、6年連続で候補に入り、英国のラドブロークスやスウェーデンのユニベットなどの受賞者予想オッズでも、毎年高い人気となっている。新作を出すたびに大ヒットとなっているにもかかわらず、毎年受賞を逃しているのは、なぜなのだろう?文匯報が報じた。

その他の写真

審査委員受けするのはどんな作品?

ノーベル文学賞の審査員に好まれるのはどんな作品なのだろう。毎年、受賞者が発表されるたびに、読者や文学評論家が、その「風向き」を占っている。毎年、受賞者に送られる言葉を見ると、「理想主義」、「人道主義」、「アートに対する熱い思い」、「良識と自由」、「人類文明」などの言葉が頻繁に使われている。

村上春樹氏の作風は、欧米作家の影響を受けており、陽気な基調という見方が一般的だ。日本文化を研究している学者・姜建強氏は、「村上春樹氏の作品は、日本の現実が映し出されておらず、現実の日本に対する熱い思いに欠けている。日本で起きていることは、彼とは何の関係もないように感じる。彼は自分の感覚で、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の主人公・多崎つくるや『海辺のカフカ』の主人公・田村カフカを描き出している」と辛口だ。

また、文学評論家の白[火華](バイ・イエ)氏も、「ノーベル文学賞は、影響力よりも、作品の文学性に重きを置いている。村上春樹氏の作品はよく売れるが、純文学作品とは一定の距離がある」と指摘している。

泥臭さがない?

著名な文学翻訳家・施 小[火韋](シー シャオウェイ)氏は、「良い作品が売れるというのは、全く矛盾しない」と村上春樹氏を擁護する見方を示す。一方、文学界は、新作を出すたびに大ヒットを記録する村上春樹氏に対して、積極的な見方を示していない。例えば、元東京大学総長の蓮実重彦氏は、「小説を器、言葉を装置、人物をシンボル、読者を消費者にしている。泥臭さやきなくささが感じられない」と、村上春樹氏の作品を批判している。

「流行」と「作品の深み」は、両立できないのだろうか。2012年にノーベル文学賞を受賞した中国人作家の莫言(モーイエン)氏は、「村上春樹氏の作品の中には、評価できる点がたくさんある。現代性や若者が身近に感じることができる作風は、私の作品にはないもの。だから、とても尊敬している」と敬意を示している。

不運も重なる?

「文学的要素」以外に、偶発的な要素も関係している。過去のノーベル文学賞の受賞記録を見ると、2012年に莫言氏が受賞したため、この先数年は、アジアの作家に授与される可能性は低い。また、川端康成氏や大江健三郎氏などが、過去に同賞を受賞しているため、ノーベル賞の「世界のさまざまな民族に」という精神からして、日本人作家が再び受賞する可能性は低い。しかし、同賞を受賞するかどうかに注目が集まり、村上春樹氏の作品が、世界でさらに広く知られるようになっているのも事実だ。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/RR)

関連記事

村上春樹氏、今年もノーベル文学賞逃す=世界中の熱狂的ファンが落胆―東京の書店、特設コーナー設置も空振り

9日、スウェーデン・アカデミーは、今年のノーベル文学賞にフランスの人気作家、パトリック・モディアノ氏を選出したと発表した。毎年のように有力候補に名を連ねている村上春樹氏は今年も受賞を逃した。写真は代表作の一つ、「1Q84」。

Record China
2014年10月9日 23時45分
続きを読む

韓国教授「ノーベル賞を受賞するには韓国らしさを捨てるべき」=韓国ネット「その通り」「結局韓国人は…」

5日、韓国メディアによると、韓国の大学教授が「韓国文学がノーベル文学賞を受賞するためには、民族文学をあきらめなければならない」と指摘した。韓国で注目を集め、ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はニューヨークの本屋。

Record China
2014年10月7日 20時19分
続きを読む

ランキング