Record China

ヘッドライン:

中国で公開されない話題作「罪の手ざわり」、こっそりテレビ放映でジャ監督ら困惑―中国

配信日時:2014年10月8日(水) 17時50分
拡大
7日、話題を集めながら公開未定となっている中国映画「罪の手ざわり」(A Touch of Sin /天注定)が、地方テレビ局で放映されたことが明らかに。製作会社やジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督が不満の声を上げている。
(1/2枚)

2014年10月7日、話題を集めながら公開未定となっている中国映画「罪の手ざわり」(A Touch of Sin /天注定)が、地方テレビ局で放映されたことが明らかに。製作会社やジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督が不満の声を上げている。網易が伝えた。

その他の写真

「プラットホーム」や「長江哀歌(エレジー)」など、話題作を発表し続けてきた鬼才ジャ・ジャンクー監督の最新作「罪の手ざわり」。第66回カンヌ国際映画祭では脚本賞を受賞している。フォックスコン中国工場で発生した事件など、近年の中国を揺るがせた4つの事件を背景に、貧困や傷つけられた人間的尊厳にあえぐ人々の、四つの物語を描くもの。昨年の映画だが、暴力描写が原因とされ、中国では公開未定のままとなっている。

この話題作が7日、黒竜江省のチチハルテレビで放送されたことがインターネットで拡散され、明らかに。ジャ・ジャンクー監督は中国版ツイッターで、「なんと言えばいいのか…」と嘆きを語っている。

製作会社は中国版ツイッターでコメントを発表。「もともとは昨年11月に公開予定だった。今年4月には動画サイトや一部映画館で海賊版が登場したが、今度はテレビ局がこっそり放送したという。我々は合法的に作品を披露できる場を望んでいる」と、不満を訴えている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

映画「罪の手ざわり」ジャ・ジャンクー監督に聞く、中国社会に潜む暴力「正面から向き合うべきだ」

28日、中国ジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督の新作映画「罪の手ざわり」が5月31日公開される。日本公開を前に来日した監督は「なぜ彼らは追い詰められたのか。暴力に正面から向き合わなければ、暴力はなくならない」と語った。

Record China
2014年5月28日 19時9分
続きを読む

問題作の日中合作映画「罪の手ざわり」、公開前にネット流出=監督が謝罪、“操作”疑う声も―中国

1日、中国のジャ・ジャンクー監督による話題作「罪の手ざわり」(A Touch of Sin / 中国語タイトル:天注定)が、公開前にネット上に流出。監督が投資側などに対し謝罪のコメントを発表している。写真は「罪の手ざわり」より。

Record China
2014年3月2日 17時20分
続きを読む

ランキング