Record China

ヘッドライン:

「台湾を売った」批判に声明文、ニウ・チェンザー監督の中国カメラマン同行騒動―台湾

配信日時:2014年10月7日(火) 17時50分
拡大
6日、中国籍カメラマンを軍施設の見学に同行させた台湾のニウ・チェンザー監督が、高雄地裁で行われた2回目の公判に出廷。「台湾を売ったのではない」とする声明文を発表した。写真は釜山国際映画祭のニウ監督(中央)。
(1/2枚)

2014年10月6日、中国籍カメラマンを軍施設の見学に同行させた台湾のニウ・チェンザー(鈕承澤)監督が、高雄地裁で行われた2回目の公判に出廷。「台湾を売ったのではない」とする声明文を発表した。NOWnewsが伝えた。

その他の写真

開催中の第19回釜山(プサン)国際映画祭で、ニウ・チェンザー監督の映画「軍中楽園」(Paradise in Service)がオープニング作品に選ばれている。同作では2013年6月、ロケ地を決めるため、監督とスタッフが台湾・左営にある海軍基地を訪問。この時、中国籍カメラマンが交じっていたことが後で明らかになった。台湾の軍事施設では、中国籍の人物は立ち入り禁止となっている。この行為は「要塞侵入罪」に抵触するため、ニウ監督および同カメラマンが違反容疑で高雄地検に送検された。

6日、第2回公判にニウ監督が出廷。主演俳優イーサン・ルアン(阮經天)も傍聴席で見守った。ニウ監督側は「軽率だったが、軍機密を探るといったような悪意はなかった」とし、4カ月以下の刑罰と2年の執行猶予を求めている。また、講演活動や友情出演などのチャリティーを罰金代わりにするとしている。なお、判決は来月7日に言い渡される。

ニウ監督は、映画会社を通じて声明文を発表。「軽率な行為について世間から批判されることは、受け止めている。しかし機密を漏らすというような考えはなかった。今後は自分への悪意ある攻撃や、『台湾を売った』なというような批判はやめてほしい」としている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング