「NARUTO」終了へ、海外のファンも嘆き!「僕自身の一部を失ってしまう」「こんな日が来るなんて…」

配信日時:2014年10月7日(火) 1時38分
「NARUTO」終了へ、海外のファンも嘆き!「僕自身の一部を失ってしまう」「こんな日が来るなんて…」
画像ID  438398
6日、人気漫画「NARUTO−ナルト−」が11月10日発売号で終了することが発表され、海外のネットユーザーから惜しむ声が続々と寄せられている。写真はNARUTOのコミック単行本。
2014年10月6日、人気漫画「NARUTO−ナルト−」が11月10日発売号で終了することが発表され、海外のネットユーザーから惜しむ声が続々と寄せられている。

その他の写真

出版元の集英社は、「週刊少年ジャンプ」で連載中の同作品の終了を発表。漫画家の岸本斉史(まさし)さんによる同作品は1999年に連載を開始。主人公のうずまきナルトが忍者として成長していく物語で、海外でも人気が高い。連載終了の発表に海外のネットユーザーから驚きと悲しみのコメントが書き込まれている。

「こんな日が来るなんて思ったこともなかった」
「NARUTOが私の誕生日に終わってしまう」
「つらいよ。つらい」
「だめ!!!」
「Masashiさん、どうして?」

「テレビ放映が始まった時、私は5歳だった。本当に惜しまれる」
「NARUTOが11月10日に終わる…。私の子供時代がゆっくりと消えていく」
「私の子供時代よ、安らかに眠れ」
「子供の時から毎週ずっと見ていたのに。本当に終わってしまったら僕自身の一部を失ってしまうことになる」

「NARUTOが終わる。私の人生も終わる」
「終わった後、何日間も泣き続けることになりそうだ」
「NARUTOが終わったら、私はうつ状態になる。終わってほしくない」(翻訳・編集/Yasuda)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事