<ボクシング判定問題>インド・モンゴルは冷静さ欠いた=判定は韓国選手にプレッシャー―韓国メディア

Record China    2014年10月2日(木) 12時29分

拡大

1日、捜狐体育によると、仁川アジア大会のボクシングの判定をめぐって論争が起きていることについて、韓国MKなど複数のメディアが伝えている。資料写真。

(1 / 2 枚)

2014年10月1日、捜狐体育によると、仁川アジア大会のボクシングの判定をめぐって論争が起きていることについて、韓国MKなど複数のメディアが伝えている。

その他の写真

韓国メディアは、9月30日に行われた女子ライト級の準決勝で、韓国選手に0−3の判定で敗れたインド選手が試合後、ジャッジに不満を示したことについて、「インドチームの冷静さを欠いた行為によって、警察が出動する騒ぎになった」などと伝えた。また、男子バンタム級準々決勝で、同じく韓国選手に0−3の判定で敗れたモンゴル選手が抗議したことについても、「モンゴルチームは試合結果に異議を唱えた。冷静さを失い、大声を上げて訴えた」などと報じている。

韓国メディアはさらに、「こうした論争がすべて韓国選手の試合で起きていることは、われわれにプレッシャーを感じさせる。アジア大会は韓国で開催されているが、試合の運営はアジアボクシング協会が行っている。こうした騒動が重なることでの、韓国選手のプレッシャーは計り知れない」と伝えている。(翻訳・編集/TK)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携