マラソン「裸足のアベベ」から福原愛・浅田真央まで、2020年東京五輪に向けた写真展―歴史的シーン70点

Record China    2014年10月2日(木) 15時27分

拡大

2020年東京五輪に向けた写真展「2020年東京五輪へ――定点観測者としての通信社」が東京・有楽町の国際フォーラム・ガラス棟ロビーホールで開催されている。写真は1964年東京五輪ポスターと歴代五輪の代表的なショット。

(1 / 9 枚)

新聞通信調査会(時事通信社・共同通信社関係者を中心に構成される公益財団法人)は2020年東京五輪に向けた写真展「2020年東京五輪へ――定点観測者としての通信社」を東京・有楽町の国際フォーラム・ガラス棟ロビーホールで開催している。期間は10月11日(土)まで(入場無料)。

その他の写真

 

展示されているのは1896年の第1回アテネ五輪から今年開かれたソチ冬季五輪までのハイライト写真70点。特に前回東京五輪(1964年)は、女子バレー、柔道、体操、マラソン、重量挙げなど代表的なショットと、当時の世相を反映するニュース写真が多く展示されている。マラソン2連覇「裸足のアベベ」選手(前回ローマ五輪は裸足だったが、東京五輪では靴を履いて走った)の疾走ぶり、オランダのヘーシング選手に敗れた柔道・神永昭夫選手の決定的シーンなどに、多くの来場者が見入っていた。

このほか、バルセロナ五輪(1992年)の競泳平泳ぎ・岩崎恭子選手、トリノ冬季五輪(2006年)のフィギアスケート・荒川静香選手、北京五輪(2018年)の女子ソフトボールチーム、ロンドン五輪(2012年)の卓球福原愛石川佳純選手、女子サッカー「なでしこ」チーム、ソチ冬季五輪(2914年)のフィギアスケート・浅田真央選手らの活躍ぶりが、大きく映し出されている。

さらに、日中戦争の影響で幻に終わった1940年の東京五輪に関する写真や「返上」を伝える新聞なども展示され、戦争に翻弄された歴史を知ることができる。

新聞通信調査会の長谷川和明理事長(元時事通信社編集局長)は「2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、世界中の国々の若者が国籍や人種などの違いを乗り越え、争いやテロの心配なく、一つになって和やかに、フェアプレーの精神で協議に臨み、競い合うことのできる平和の祭典を期待したい。この写真展はオリンピックの意義を改めて考えるために企画した」と語っている。(取材・編集HY)

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携