香港の市民運動、金融や交通に影響=経済損失は少なくとも5600億円―中国メディア

Record China    2014年10月1日(水) 17時51分

拡大

1日、新華社通信は、香港の市民運動により少なくとも400億香港ドル(約5600億円)の経済損失が発生する可能性があると伝えた。写真は香港。

(1 / 2 枚)

2014年10月1日、新華社通信は、香港の市民運動により少なくとも400億香港ドル(約5600億円)の経済損失が発生する可能性があると伝えた。

その他の写真

今月28日、2017年の香港特区行政長官選挙をめぐり、中国政府が提示した改革案に反発する市民運動「オキュパイ・セントラル(中環地区を占拠しよう)」が始まり、香港中心部を占拠した。

報道によると市民運動は交通に著しい影響を及ぼし、路線バスは迂回(うかい)や運行停止する事態に見舞われている。

同運動に対し香港総商会は29日、「社会の秩序と安全に影響を及ぼしてはいけない」と遺憾表明している。同運動の影響は金融機関の正常な業務にも影響を及ぼしており、香港の各商会は市民運動により少なくとも400億香港ドルの経済損失が出るとみている。香港金融管理局などの関連機関は、金融システムの安定を確保するため、対応策をすでに打ち出している。(翻訳・編集/内山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携