<仁川アジア大会>行方不明の選手が続出!日本ネットは「韓国に残っても何の意味もないのに…」―中国メディア

Record China    2014年10月1日(水) 0時15分

拡大

29日、韓国・中央日報によると、仁川アジア大会に参加している外国人選手が相次いでチームを離脱し、行方不明になっている。この事件について、日本のネットユーザーの注目度は高い。写真は選手村。

(1 / 2 枚)

2014年9月29日、韓国・中央日報によると、仁川アジア大会に参加している外国人選手が相次いでチームを離脱し、行方不明になっている。新浪体育が伝えた。

その他の写真

報道によると、地元警察は29日、パレスチナの重量挙げの選手が行方不明になったとの申告を大会組織委員会が受け取ったことを明かした。同選手は、ほかの選手やチームスタッフら13人とともに帰国するため仁川国際空港を訪れていたが、空港内で姿を消し、連絡も取れなくなった。これに先立ち、ネパールのセパタクローや武術の選手3人も仁川国際空港で行方が分からなくなった。警察は、選手たちが引き続き韓国にとどまることが目的だとみており、違法ブローカーの存在も指摘している。

大会組織委員会は緊急事態を宣言。大会は半分を終え、今後続々と帰国する選手が増えるなかで、さらなる行方不明者が出る可能性が高いと警戒を強めている。組織委員会の関係者は「夕方以降は選手の自由時間なので、個別に(脱走を)阻止することは困難。我々は各国代表団に選手の管理を徹底するよう求めている」と話した。

この問題について、日本のネットユーザーの注目度は高く、インターネット掲示板には以下のような書き込みが見られる。

「怖っ!」

「誘拐されたんじゃないよね?マジで怖い」

「韓国での亡命人生。戻るも地獄、戻らぬも地獄」

「日本で脱走するのは金を稼ぐためだから理解できるが、韓国に残っても何の意味もないでしょ」

「すぐに泣いて戻ってくるよ」

「彼らはブローカーの仲介でほかの国に行くんだよ」

「国を代表してアジア大会に出るような選手が逃げたいだなんてかわいそう」

東京五輪のときも注意してほしい」

「韓国のブローカーは金だけ取って消えちゃうんじゃない?」(翻訳・編集/TK)

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携