Record China

ヘッドライン:

<仁川アジア大会>日本選手の窃盗事件、韓国ネットユーザーは「ここぞ!」とばかりに攻勢―中国メディア

配信日時:2014年9月29日(月) 11時30分
拡大
27日、中国メディア・騰訊体育は、仁川アジア大会で競泳男子日本代表の冨田尚弥が韓国の記者のカメラを盗んだ疑いで書類送検されたことについて、韓国ネットユーザーからはここぞとばかりに批判の声があがっていると伝えた。
(1/2枚)

2014年9月27日、中国メディア・騰訊体育は、仁川アジア大会で競泳男子日本代表の冨田尚弥が韓国の記者のカメラを盗んだ疑いで書類送検されたことについて、韓国ネットユーザーからはここぞとばかりに批判の声があがっていると伝えた。

その他の写真

冨田は窃盗容疑で26日の夜から地元警察の事情聴取を受け、事実関係を認めた。その後、27日未明に釈放されている。冨田は25日午前11時ごろ、チームメートの試合を応援していた際に、韓国記者の取材席で800万ウォン(約80万円)相当のカメラを盗んだ。記者がカメラが見当たらないのに気付き、警察に届けたことから事件が発覚した。

韓国メディアは日本選手のこのスキャンダルを比較的控えめに報じているが、韓国ネットユーザーは絶好の攻撃の機会をみすみす逃すはずはなかった。ネット上には以下のようなコメントが寄せられている。

「今大会ではさまざまなスキャンダルが発覚しているが、この窃盗事件が最悪」

「注目を浴びたいためにやったんでしょ?」

「メダルを獲れなかったから、代わりに盗んだカメラを首から下げて帰国しようとしたのか?」

「国を代表する選手が、注目の集まる国際大会でこんなバカなことをするとは」

「日本は赤っ恥だな。苦労して築きあげた名声を自ら壊した」

「日本の選手は生活に困っているようだな」

「日本のメディアやネットユーザーは仁川アジア大会をたたきまくっていたが、立場が逆転したな」

これに対して、日本のネットユーザーからは「これは反論の余地はない」「仁川アジア大会のこれまでのスキャンダルがすべて吹き飛ぶくらい」といった声が多くあがっているという。(翻訳・編集/TK)

関連記事

ランキング