Record China

ヘッドライン:

<仁川アジア大会>日本選手の窃盗発覚に「日本中が恥辱にまみれた」―中国メディア

配信日時:2014年9月28日(日) 13時5分
拡大
28日、環球時報は、競泳男子日本代表の冨田尚弥が、仁川アジア大会の会場で韓国メディアのカメラを盗んだことについて、日本中が「恥辱にまみれている」と報じた。写真は仁川アジア大会の競泳会場。
(1/2枚)

2014年9月28日、中国メディア・環球時報(電子版)は、競泳男子日本代表の冨田尚弥が、仁川アジア大会の会場で韓国メディアのカメラを盗んだことについて、日本中が「恥辱にまみれている」と報じた。

その他の写真

仁川南部警察によると、冨田は25日昼ごろ、応援で訪れた文鶴水泳場のプールサイドの記者席から記者が離れた隙に、カメラ1台800万ウォン(約83万円)相当をバッグに入れて持ち去った。冨田とみられる人物が怪しい動きをしているのが、水泳場の監視カメラに写っていた。26日夜の事情聴取で、冨田は「カメラを見た瞬間、欲しくなった」と容疑を認めた。

この衝撃的なニュースは日本中を揺るがした。

日本メディアによると、日本選手団の青木剛団長は27日に会見を開いて謝罪した。競泳陣は同日、東京・羽田空港に帰国。日本代表の上野広治総監督は会見で「深くおわびする。二度とこんな不祥事が起きぬよう、競技力向上だけでなく、人間力向上をしっかりと指導していく」と述べた。日本代表の平井伯昌監督は、冨田選手の様子を「(メダルが取れず)自暴自棄になって行動に出たわけではない。魔が差したとしか思えない」と明かした。

日本のニュースサイトのコメント欄も「醜態だ」など冨田を批判する声であふれた。一部には「何とかして自分で責任をとり、日本代表団の名誉を回復すべきだ」などの意見もみられた。(翻訳・編集/NY)

関連記事

<仁川アジア大会>競泳・冨田が窃盗で追放=「メダルの代わりにカメラ?」「これがこの民族特性」―韓国ネット

27日、韓国・聯合ニュースは、仁川アジア大会で韓国記者のカメラを盗んだ疑いで、仁川南部警察署が競泳男子日本代表の冨田尚弥(25)を書類送検したと伝えた。この件に関し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は仁川アジア大会の競泳会場。

Record China
2014年9月27日 15時23分
続きを読む

<仁川アジア大会>日本に敵意むき出しの中国競泳エース=「実際、日本の国歌って…」と勝利後に暴言

24日、網易は「孫楊:メドレーでの勝利は中国人を喜ばせた、日本国歌は聞きにくい」と題して、仁川アジア大会で同日に行われた男子400メートルリレーで金メダルを取った中国の選手の発言を紹介した。写真は競泳中国代表。

Record China
2014年9月25日 23時40分
続きを読む

ランキング