<仁川アジア大会>バドミントン日本コーチが風問題を謝罪=韓国ネット「すっきりしない」「日本人も謝るんだ」

Record China    2014年9月26日(金) 15時52分

拡大

26日、韓国・仁川アジア大会のバドミントンでの空調問題について、日本チームのコーチが抗議する意思のないことを明らかにした上で、謝罪の言葉まで述べたと韓国メディアが伝えた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

(1 / 2 枚)

2014年9月26日、韓国メディアは、韓国・仁川アジア大会のバドミントン会場で、空調が意図的に操作された可能性がある問題について、日本チームのコーチが組織委員会に抗議する意思のないことを明らかにした上で、謝罪の言葉まで述べたと報じた。

その他の写真

日本代表の舛田圭太コーチは24日夜、取材に応じ、「韓国チームには申し訳ないことをした。負けたのは向こうの力が上だったから」などと述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「あきれる。負けることは恥かしいことじゃないよ。相手国のせいにする方がよっぽど情けない」

「日本人も謝れるんだね」

「悔しくて、文句を言いたかっただけでしょ」

「同じコートに立っていたんだから条件は同じ。日本は実力で負けたんだ。負けたチームには言い訳が必要だったんだろう」

「韓国の強さが、日本の自尊心を傷つけてしまったようだ。ごめんよ」

「ふん、一回だけ見逃してやる」

「まともな人で良かった」

「この問題で日本のネットは大荒れだったらしい。日本の主張に妥当性が全くないわけでもないし、なんかすっきりしないな」(翻訳・編集/篠田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携