<仁川アジア大会>「小細工」する韓国人選手に中国コーチが怒り「不愉快、マナー違反」―中国紙

Record China    2014年9月23日(火) 21時50分

拡大

23日、韓国・仁川アジア大会に出場しているバドミントン中国チームの李永波総監督は、女子団体決勝で対戦した韓国人選手のアンフェアなプレーに怒りをみせた。資料写真。

(1 / 2 枚)

2014年9月23日、新京報によると、韓国・仁川アジア大会に出場しているバドミントン中国チームの李永波(リー・ヨンボー)総監督は、女子団体決勝で対戦した韓国人選手のアンフェアなプレーに怒りをみせた。

その他の写真

女子団体決勝は22日に行われ、中国が3−0で韓国を下した。シングルスで中国の王適嫻(ワン・シーシエン)と対戦した韓国のペ・ヨンジュは、審判にシャトルの交換を要求する際に、シャトルを手の中で握りつぶしてから審判に見せるなどした。また、シャトルを王に渡す際にも、王のいる場所とは離れた方向にシャトルを打ち、王の体力消耗を狙うようなアンフェアなプレーがみられた。

李総監督は、韓国人選手のこうしたプレーについて、「見る人を不愉快にさせる」「マナー欠如だ」などと怒りをみせた上で、「選手は試合中に知恵が求められる。だが自分は小細工を選手に教えたことは一度もない」と話した。(翻訳・編集/NY)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携