<仁川アジア大会>バド日韓戦で韓国有利に空調操作?=韓国ネット「聖火すら管理できないのに無理」

Record China    2014年9月23日(火) 13時25分

拡大

23日、中国メディア・騰訊体育は、韓国・仁川アジア大会のバドミントン男子団体の日韓戦で、会場の空調が韓国側に有利となるように操作された可能性がある問題について、韓国ネットユーザーの反応を紹介した。資料写真。

(1 / 2 枚)

2014年9月23日、中国メディア・騰訊体育は、韓国・仁川アジア大会のバドミントン男子団体の日韓戦で、会場の空調が韓国側に有利となるように操作された可能性がある問題について、韓国ネットユーザーの反応を紹介した。

その他の写真

21日に行われた男子団体準々決勝、第1試合のシングルスで、日本の田児賢一は第1ゲームを先取したが、無風だった会場に空調が入り、韓国選手に2ゲーム続けて奪われ敗戦。団体戦も日本は2−3で負けた。

田児とコーチは空調をめぐり審判に抗議したが無視された。田児は「途中で風が変わるなんて、他の国じゃありえない」と吐き捨てた。

この問題が日本で大きく取り上げられていることについて、韓国のネットユーザーは次のように反論している。

「日本側の非難はばかげている。韓国側も風について抗議した」

「素直に負けを認めろよ。言い訳ばかり探して」

「聖火すらまともに管理できない(メインスタジアムの聖火が10分余り消えていたことが明らかになった)組織委員会に、試合会場の風向きをコントロールする能力なんてない」(翻訳・編集/NY)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携