Record China

ヘッドライン:

日中関係改善の好機到来、実現すれば経済改革の推進力に―英字誌

配信日時:2014年9月22日(月) 8時0分
拡大
15日、英字誌「東アジア・フォーラム」電子版は、ブリティッシュコロンビア大学のYves Tiberghien氏、北京大学の王勇氏の共同署名記事「日中関係改善の好機が訪れた」を掲載した。写真は中国人観光客に人気のスポット、銀座。
(1/2枚)

2014年9月15日、インターネット英字誌「東アジア・フォーラム」電子版は、ブリティッシュコロンビア大学のYves Tiberghien氏、北京大学の王勇氏の共同署名記事「日中関係改善の好機が訪れた」を掲載した。

その他の写真

今年11月に北京市で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で日中首脳会談は実現するのか。国際社会が注目している。日中はいずれも現在、自国の経済改革に取り組んでいるが、もし関係改善が実現すれば、日本にとっても中国にとっても、改革推進においてなによりのリソースになると記事は指摘している。

アベノミクスを進める日本だが、財政的・構造的障害に直面している。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が構造改革の推進力になると期待されているが、日中韓FTA(自由貿易協定)は日本経済の成長により直接的な効果をもたらす。中国は先進国入りを果たす前に成長が停滞する「中所得国のわな」をいかに回避するかが課題。日本の技術、特許などのサポートは大きな力となる。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国経済の崩壊はないが、GDPが米国を抜く日は来ない=中国の統計水増しか―元通産省北東アジア課長(上)

通産官僚時代に駐中国日本大使館参事官や北東アジア課長などを歴任した津上俊哉氏は、日本記者クラブで講演し、中国経済の高度成長は終了し「中国のGDPが米国を抜く日は来ない」と分析。政治、外交も含め今後の中国を大胆に予測した。

八牧浩行
2014年9月15日 7時14分
続きを読む

ランキング