Record China

ヘッドライン:

中国電子商取引の巨人アリババのIPOが迫る、欧米投資家を引きつける魅力の理由とは?―香港紙

配信日時:2014年9月13日(土) 21時8分
拡大
10日、香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは記事「中国のアリババは西側資本家の垂涎の的」を掲載した。IPOを目前に控えた中国電子商取引トップのアリババ。欧米投資家を引きつける魅力を分析している。写真は中国のスーパー。
(1/3枚)

2014年9月10日、香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは記事「中国のアリババは西側資本家の垂涎(すいぜん)の的」を掲載した。

その他の写真

米市場での新規株式公開(IPO)を目前に控えた中国電子商取引トップのアリババは8日、ニューヨークで機関投資家向け説明会を開催した。会場には数百人が詰めかけ、エレベーターに乗るまでに30分も行列に並ぶという盛況ぶりだった。これほどの注目を集めるアリババの魅力とはなんだろうか?

それは巨大な中国市場の魅力だろう。投資家向けの説明書類を読めば数億、数十億といった桁外れの数字が目につく。2005年にJames McGregor著「10億人の顧客」がアメリカでベストセラーになったが、アリババは今この数字に近づきつつある。中国の6億1800万人のネットユーザーのうち約半数がネットショッピングを利用している。この市場の80%を占めているのがアリババだ。毎年110億件もの注文を受けている。

19世紀のイギリスではアヘン戦争の認可をめぐり議会が紛糾した。アヘン貿易のために戦争を起こすことをためらう意見もあったが、最終的には中国市場の魅力が開戦を決意させた。今、アヘン戦争と同じ動機が西側諸国の人々をアリババの株に群がらせている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

アリババが米ゲーム会社に1.2億ドル出資、中国企業の国際化加速―中国紙

7日、中国の電子商取引最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)はこのほど、米ゲーム会社Kabamに1億2000万ドルの戦略的投資を行うとともに、中国モバイルゲーム分野での提携について同社と合意したことを明らかにした。写真は浙江省杭州市のアリババ本社。

Record China
2014年8月8日 18時11分
続きを読む

香港富豪兄弟がハーバード大に370億円を寄付、378年の歴史上最高額―中国メディア

9日、香港株式市場に上場している恒隆集団(ハンロン・グル―プ)と恒隆地産(ハンロン・プロパティ)のオーナーである陳啓宗・陳楽宗兄弟は、ファミリーファンド「晨興基金会」を通じ、米ハーバード大学公衆衛生学部に3億5000万ドル(約372億円)を寄付した。

Record China
2014年9月9日 20時30分
続きを読む

ランキング