2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「上海語のアナウンスは“聴覚汚染”」=地下鉄副総裁のまさかの発言に、中国ネットは「最大の侮辱」と怒り

配信日時:2014年9月9日(火) 7時43分
「上海語のアナウンスは“聴覚汚染”」=地下鉄副総裁のまさかの発言に、中国ネットは「最大の侮辱」と怒り
画像ID  435202
6日、上海地下鉄の邵偉中副総裁が「上海語のアナウンスは“聴覚汚染”だ」と発言し、中国ネットユーザーから批判が集まっている。写真は上海地下鉄。
2014年9月6日、上海地下鉄の邵偉中(シャオ・ウェイジョン)副総裁が「上海語のアナウンスは“聴覚汚染”だ」と発言し、中国ネットユーザーから批判が集まっている。

その他の写真

広州メディアによると、邵副総裁は市民から「上海地下鉄で上海語の車内アナウンスを流してほしい」との要望に応じられない理由について「上海語は多くの“新上海市民”にとって聴覚汚染であり、差別的で排他的だという意見がある」などとしていた。

これに対し、中国ネットユーザーからは反発の声が上がっている。

「神ロジック」

「これは上海人に対する最大の侮辱だ」

「標準語を使用することは、上海人に対する差別にならないのか?」

「このバカな副総裁は、自分が上海語を聞き取れないからそんなことを言ってるのだろう。上海語が“聴覚汚染”だと思うなら出て行け。何しに上海に来た?」

「上海出身でない者が上海を管理することこそ、最大の汚染」

「中国の発展に最も貢献してきた上海が、自分の都市で上海語を話すことが“汚染”だと言われるとは」

「広東語圏では、普通話(標準語)、広東語、英語の3つの言語で案内してる。私は広東語は聞き取れないが、汚染だと思ったことなどないし、逆に親切だと思った」

「私は上海語も勉強できるし、いいと思う。『郷に入っては郷に従え』でしょ」

「広州メディアよ、報道してくれてありがとう。上海メディアはどうして報じないんだ?」(翻訳・編集/TK)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事