<サッカー>香川がドルトムントに移籍=韓国ネット「古巣で再び全盛期を!」「パク・チソンのすごさがわかるね」

Record China    2014年9月3日(水) 12時11分

拡大

8月31日、サッカーのドイツ・ブンデスリーガのドルトムントは公式ウェブサイトで、マンチェスター・ユナイテッドのMF香川真司を4年契約で獲得したと発表した。これについて韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はドルトムントの関連ショップ。

(1 / 2 枚)

2014年8月31日、サッカーのドイツ・ブンデスリーガのドルトムントは公式ウェブサイトで、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のMF香川真司(25)を4年契約で獲得したと発表した。

その他の写真

2010年から2年間ドルトムントでプレーした香川は、2シーズンで21ゴールを決める活躍を見せた。その後2012年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したが、2シーズンで38試合に出場し6ゴールに終わる結果となり、古巣への復帰を選んだ。

ドルトムントには韓国のFWチ・ドンウォン(23)が所属しており、日韓の代表選手が同じチームでプレーすることになった。これについて、韓国のネットユーザーは次のような反応を示している。

「ドルトムントで再び全盛期を!」

「エースの復帰にドルトムントファンは大喜びだろう」

「マンチェスターでもっと活躍できると思っていたのに。ドルトムントに行っても頑張って!」

「マンUの状態が悪いので、香川にとっては良いことだと思う」

「マンUでは苦労が多かった分、ドルトムントでは存分にプレーしてほしい」

「もっと活躍できる選手だ。マンチェスターは惜しい選手を手放した」

「以前のように活躍できればいいのだが」

「マンUで活躍していたパク・チソンは、本当にすごかったんだね」

「チ・ドンウォンのポジションが危うくなるぞ!」(翻訳・編集/雲間草)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携