Record China

ヘッドライン:

宮崎駿監督にアカデミー名誉賞、国営テレビが「どの作品に心を温かくしてもらいましたか?」と質問―中国ネット

配信日時:2014年9月1日(月) 19時4分
拡大
28日、映画芸術科学アカデミーは宮崎駿氏にアカデミー名誉賞を授与すると発表した。中国のファンも大きな関心を寄せている。写真はジブリ美術館。
(1/2枚)

2014年8月28日、映画芸術科学アカデミーは、日本の著名なアニメーション映画監督・宮崎駿氏にアカデミー名誉賞を授与すると発表した。

その他の写真

日本人が同賞を受賞するのは1990年の黒澤明監督以来、2人目。宮崎氏が監督を務めた「千と千尋の神隠し」は、2003年にアカデミー賞の長編アニメーション賞を受賞している。

このニュースは、宮崎氏のファンが多い中国でも報じられた。中国版ツイッターの中国中央テレビ(CCTV)のアカウントは「宮崎氏のどの作品に心を温かくしてもらいましたか?」と問いかけ、多くのネットユーザーがこれに回答している。以下はその一部。

「トトロが大好き!あれは子どもにしか書けないストーリーだ」

「『天空の城ラピュタ』は感動したなあ」

「『トトロ』『耳を澄ませば』『千と千尋』の順に好き」

「やっぱり『千と千尋』。見たときは泣いた」

「『風立ちぬ』には感動した。完全なる悲劇だけど」

「たぶん、共感を得られないと思うけど『借り暮らしのアリエッティ』が好きだな」

「『魔女の宅急便』が好き。もう10回以上見た」

「断然『もののけ姫』でしょ」

「『ハウルの動く城』が超好き!」

「『風の谷のナウシカ』。1992年に初めてビデオデッキを買って、海外から帰ってきた人にテープをもらった。こんなにすごい映画を初めて見た」

「全部好き!」

「宮崎監督は受賞すべき人物」

「さすがはおれの好きな監督だぜ!」

「私が唯一尊敬する日本人だ」

「宮崎監督のアニメは全部、私たちの子どものころの純粋な思い出だ」

「宮崎氏のような監督が次に現れるのはいったいいつになるだろうか?」(翻訳・編集/TK)

関連記事

ジブリ解散騒動=中韓ファンは悲痛な悲鳴、無関心の日本ファン―日本華字紙

11日、日本華字紙・中文導報は記事「ジブリ解散騒動=悲痛の中国ファンと無関心の日本人」を掲載した。中韓のファンに大きな衝撃を与えたジブリ解散騒動だが、日本では大きな関心を集めなかったようだ。写真は宮崎駿監督のニュースを読む中国人。

Record China
2014年8月14日 1時10分
続きを読む

ジブリが“一休み”、宮崎駿監督に感謝の言葉=「子どもができたら宮崎監督の作品を見せたい」―中国ネット

5日、日本メディアの報道によると、数々の名作を生み出してきた「スタジオジブリ」の鈴木敏夫代表取締役プロデューサーが「制作部門を1回解体し、再構築する。いったん小休止する」と語った。これに関して中国ネットで反応が見られる。写真は三鷹の森ジブリ美術館。

Record China
2014年8月5日 13時2分
続きを読む

ランキング