Record China

ヘッドライン:

無抵抗の盲導犬を刺す、日本で起きた事件に「人でなし!」「日本人の本性」「プロ意識に感動」―中国ネット

配信日時:2014年9月1日(月) 11時31分
拡大
1日、日本で起きた信じがたい事件に、中国ネットユーザーの関心が高まっている。写真は盲導犬。
(1/2枚)

2014年9月1日、日本で起きた信じがたい事件に、中国ネットユーザーの関心が高まっている。

その他の写真

埼玉県で7月下旬、盲導犬のラブラドルレトリバー「オスカー」が、何者かに腰をフォークのようなもので刺されてけがをした。盲導犬はパートナーの緊急時以外はほえないよう訓練されていたため、オスカーを連れていた全盲の男性は事態に気づかなかったという。

このニュースは中国でも大きな注目を集めており、中国版ツイッターには多数のコメントが書き込まれている。

「ひどすぎる!」

「誰がやったんだ?人でなし!」

「頭がおかしいやつにしかできないことだ!」

「かわいそう」

「ワンちゃん、えらかったね。犯人は絶対に良い死に方はしない」

「盲導犬が何をしたというんだ?どうしてこんなに残忍なことができるんだ?」

「日本は変態心理が強い国だから」

「これこそ日本人の本性」

「(犯人は)人間性のかけらもない。死刑になっても同情の余地はないくらいだ」

「この盲導犬は尊敬に値する」

「盲導犬のプロ意識に感動した」

「中国には盲導犬を連れて入れる店が少ない。こういうところから変えていかないといけない。オリバーを見ろよ。どんなにおとなしいことか」(翻訳・編集/北田

関連記事

盲導犬に虐待か、刺されてもほえず=韓国ネット「日本の社会も韓国と同じ」「韓国でも見たことがある!」

28日、埼玉県で盲導犬が何者かに刺されてけがをしていたことが分かった。この事件は韓国でも報道され、ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は上海で行われた日中両国の盲導犬と視覚障害者の交流活動。

Record China
2014年8月29日 20時53分
続きを読む

「カエルの生き作り」で東京のすし店に批判=韓国ネット「日本人は猟奇的!」「カエルは寄生虫が半端でない」

26日、新宿にあるすし店で、生きたアカガエルの皮をはいで首を落とし、肉を刻んでさしみにして提供している映像に批判が集中している。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

Record China
2014年8月26日 13時6分
続きを読む

ランキング