Record China

ヘッドライン:

夜食テロの「孤独のグルメ」、中国のサラリーマン層にも高い人気―中国メディア

配信日時:2014年8月29日(金) 22時50分
拡大
27日、テレビ東京系列で2012年から放送されているドラマ「孤独のグルメ」のシーズン4の放送がこの夏始まった。資料写真。
(1/2枚)

2014年8月27日、テレビ東京系列で2012年から放送されているドラマ「孤独のグルメ」のシーズン4の放送がこの夏始まった。この2年間、日本のテレビドラマでは刑事や探偵ものが流行っているが、尺的に短めの小品で、独特なスタイルを持ち、食をテーマにしている本ドラマは中国の人々が見るドラマの中でも異彩を放っている。北京日報が伝えた。

その他の写真

特に中国ではサラリーマン層に高い人気を誇っている。食を扱った他のドラマと比較すると、同ドラマは明らかに異端だ。ストーリー性はほとんどない。というよりもストーリーはほぼないと言ってもいい。「孤独な美食家」である井之頭五郎がただ食べる様子を映しているだけだ。ただ、メニューを頼むまでの会話や永遠と続くモノローグがグルメを食す前のワクワク感をあますところなく表現すると同時に、人生から得た哲学なども語られる。

食欲に苛まされる深夜枠のグルメドラマだが、劇中では高級レストランや豪華なコースなどは全く出てこない。逆に街角にひっそりと建つ、知る人ぞ知る小さなレストランや料理、店主の巧みなアイデアや独創的な部分を発掘して紹介している。

人口密度の高い東京では、このような人知れぬ小さな店は星のごとくあり、ドラマに無限の創作インスピレーションを与えている。

五郎とメインキャストたちが食すごはんや味噌汁、焼き魚、サラダ、トンカツ、カレー、蕎麦といった日本人の日常的な主食以外に、工夫溢れる料理や店主の手によって見違えるような料理となったシンプルで一般的な食材、それに加え五郎のあれでもないこれでもないと真剣に選び抜いたメニューとがあいまって、常に見る人を興奮させる。

毎回ドラマのオープニングでは、この「孤独のグルメ」について説明するナレーションが流れる。「時間や社会に捉われず、幸福に空腹を満たす時、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。誰にも邪魔されず、気を使わずに物を食べるという孤高の行為。この行為こそが現代人に平等に与えられた最高の癒しと言えるのである」。

安くて美味い庶民のための飯は目を楽しませるだけでなく、庶民が実際に食し、五郎と同様、自分が主役となって幸福を味わえる権利である。毎回ドラマに登場する店はドラマの製作者たちが自ら試食して、美味しいと思ったところばかりが選ばれている。恐らく、このような実際の店舗や誠意を持って選んだキャストがあってこそ、これらのグルメが人々の心を掴むのだろう。映像に惹きつけられるだけでなく、新鮮な野菜を食べる時のサクッという音や、お茶をごくっと飲むときの音などにも食べることの満足感が表現されている。仕事で忙しい日々を送り、自分自身を愛することを忘れてしまった現代の都会人の前に、つい忘れがちになってしまう身近でささやかな幸せが姿を現す。

テンポが速く、人との触れ合いが希薄な現代都市において、孤独のグルメたちはますます増大している。いつも変わらないメニューと常に入れ替わる深夜の様々な客を描いたドラマ「深夜食堂」や近隣同士のシングルたちが美味しい物を食べるために壁を越え、互いに親友になる様を描いた韓国ドラマ「ご飯行こうよ」、そして「孤独のグルメ」は、サービス精神旺盛な店主たちが常に1人分の量の料理を提供することで、1人で美食を楽しむという難題を実現させている。このおかげで、五郎は愛を語るという俗っぽいドラマから一線を引き、孤高に自由を追求することができている。この自由とは、現代文明の人間性に対する圧力に抵抗することだ。

グルメは、ちょうど美食家だったマルセル・プルーストの記憶の中の、あの一切れのマドレーヌの味のようなものだ。慌しい現代人がしばし目の前の悩みや煩わしいことを忘れ、記憶に戻って、疲れた心を癒すのにどこか似ている。飲食をテーマにしたドラマでは、愛を語らせるための売りだろうと、様々な人生を引き立たせるためであろうと、美食が主役で、人々を満足させるものであると同時に、最も重要で、最も人をひきつける力を持っている。(提供/人民網日本語版・翻訳/MZ・編集/武藤)

関連記事

「カエルの生き作り」で東京のすし店に批判=韓国ネット「日本人は猟奇的!」「カエルは寄生虫が半端でない」

26日、新宿にあるすし店で、生きたアカガエルの皮をはいで首を落とし、肉を刻んでさしみにして提供している映像に批判が集中している。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

Record China
2014年8月26日 13時6分
続きを読む

ランキング