「自信はあった」張本美和、初陣ストレート勝利に手応え 前週準Vからのタイトル奪取へ「優勝目指して頑張りたい」【WTTスターコンテンダー リュブリャナ】 06-15 13:50
【日本でも要注意】‟凶暴カラス”無差別に人を攻撃…韓国で被害多発 顔を狙われ頭を襲撃…子育ての季節で敵を排除か 06-15 13:42
G7 首脳声明を採択 北朝鮮ミサイル輸出「強く非難」 06-15 13:46
【粉ものグルメ45店舗が池袋に集結!】ヌン活で注目のスコーンも!6月19日から東武百貨店池袋本店で開催 06-15 13:27
トレーラーの荷台で“ビッグウエーブ” 宙を舞う人も…特設プールから“人飛び出す” 中国・山西省 06-15 13:18
SNSでは「国際ロマンス詐欺」のワードも! 大河初出演の“周明”演じる松下洸平さんに聞く 06-15 13:16
話題の「トゥンカロン」がアイスに?黒蜜きなこの和テイストな味わいにほっこり♪ 06-15 13:14
「韓国のコンビニは日本のコンビニを超えた」と韓国メディア、ネットには「そもそもゲームにならない」の声 06-15 13:11
「天上の妖精」と呼ばれるメコノプシスの仲間「ホリドゥラ」開花…札幌市北区 百合が原公園 06-15 12:56
【J1注目プレビュー|第18節:広島vs東京V】混戦状態の中位対決、ミラーゲームを制するのは? 06-15 13:00

インターネットを活用した副業で自分の持ち味を生かす若者―中国

人民網日本語版    2024年5月13日(月) 20時30分

拡大

中国の若者がインターネットを活用した副業で自分の持ち味を生かしている。写真は車のトランク起業。

湖北省武漢市から少し離れた郊外には、子持ちの専業主婦を中心に雇用している縫製工場があり、地元では親しみを込めて「子持ちママの工場」と呼ばれている。倉庫の管理からオンラインカスタマーサービス、工場の作業員からパートタイマーまで、工場のスタッフのほとんどが35歳前後の女性となっている。人民網が伝えた。

向京艶さんが立ち上げたこの工場は、学校制服の市場に質の高い商品を提供する仕入先という選択肢を提供しているほか、地元の子持ちの専業主婦の仕事探しや働きに出るのが難しいといった問題を解決し、こうした女性にフレキシブルな働き方ができる条件を整えている。

新学期が近づくと、中国国内ECを活用するこの工場は、学校制服の生産繁忙期を迎え、その商品は中国全土で販売されるほか、日本やシンガポールなどの国にも輸出されている。年間売上高は3000万元(約6億3000万円)に達し、工場で働く女性は安定した収入を得ることができている。

「インターネット+業界」が数多くの業界にエンパワーメントし、雇用の安定や促進という面で発揮する効果が日に日に際立つようになっている。こうした「プラットフォーム経済」はその融合性と創造性、機動性という特徴を生かし、質の高い雇用と起業の新たなルートを提供し、その境界を押し広げている。

大手ECやプラットフォームが急成長する中、ネットショップマネージャーやライブコマースパーソナリティー、個人メディアブロガー、コミュニティー代理購入、ECモデル、宅配便配達員など、時間の融通が利き、フレキシブルな仕事が続々と誕生し、それに伴い、たくさんの新型職業も登場し、起業の機会も広がっている。デジタル経済を活用して、多くの労働者は多種多様でフレキシブルな仕事の機会を得ている。

最近、多くの「95後(1995年生まれ)」や「00後(2000年以降生まれ)」の若者が、卸売・仕入系のECプラットフォームを利用し、自分の個人メディアプラットフォーム上の「ミニショーウィンドウ」に並べる商品を物色し、値段交渉を行っている。貿易業界の専門用語において、こうした一度に購入する量は少ないものの、頻繁に購入するユーザーは「副業・プチ起業する若者」と呼ばれている。こうした若者は日常生活において、ネット上で人気のブロガーや「購買意欲を植える達人」、共同購入のリーダーという多くの人にとってよりなじみのある「肩書」がある。

誰もがブロガーとなり、誰もが個人メディアとなれる現在、「新個人経済」時代が到来し、アイデアに富む人なら誰でもインターネットを通して、「プチ起業」や副業ができる時代となっている。日中は会社で働く従業員や子供の世話をする専業主婦が、夜になると「店長」や「オーナー」になり、起業系ブロガーやライブコマースの達人、コミュニティーの代理購入者として活躍しているかもしれない。インターネットがイノベーションや起業する人々に、才能を発揮し、アイデアをぶつけ合い、交流や協力をする大きな舞台を提供し、起業を夢見てイノベーション創出に果敢に挑む多くの人が奮闘してさまざまなことを成し遂げている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携