Record China

ヘッドライン:

倒れた男性放置し、ダッシュで逃げる乗客たち=「これぞ真の中国人!」「もしエボラだったら?」―中国ネット

配信日時:2014年8月21日(木) 12時0分
拡大
21日、中国上海市の地下鉄で起きたある事件が、中国のインターネット上で話題を集めている。
(1/2枚)

2014年8月21日、中国上海市の地下鉄で起きたある事件が、中国のインターネット上で話題を集めている。

その他の写真

中国メディアの報道によると、9日午後9時半ごろ、座席に座っていた外国人男性が突然意識を失い、列車がブレーキをかけた拍子に床にずり落ちた。ところが、これを見た周囲の乗客はパニックになり、その車両から10秒もしないうちに全員がいなくなってしまった。さらに、ほどなく列車が駅に到着すると、乗客たちは一目散に列車から飛び出し、転ぶ人の姿も見られた。倒れた男性は、その後すぐに意識を取り戻して立ち去った。

これについて、中国版ツイッターには多数のコメントが寄せられている。以下はその一部。

「これぞ真の中国人!」

「逃げ足の早いこと…」

「世界の華人はみんな見ている。中国人の素養の低さを」

「恥知らずの上海人」

「中国人はみんな一緒。他人の素養を批判できない」

「中国人の警戒心は相当強いな」

「エボラが怖かったのか?」

「これは正常な反応だ。もしエボラだったらどうする?私も逃げる。外国人に関わらない方がいい。悪くすれば外交問題になる」

「なんて心が痛むニュースだろう」

「中国ではパニックが起きやすい。何かが起きれば真偽にかかわらず『われ先に』だ」

「助けたくないのではなく、助けるのが怖いんだ。中国の法律は助けちゃくれない」(※中国では助けた人が加害者として扱われることがたびたび起きている)

「中国の大都市。中国人の素養と道徳を十分に代表している。彼の一番嫌いな国はここ(中国)になるだろう」(翻訳・編集/北田

関連記事

南京ユース五輪、日本が選手の外出に注意喚起=「国土だけじゃなく心も狭いね」「抗日はドラマだけ」―中国ネット

12日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、南京で開かれる第2回ユース五輪に関連し、日本五輪委員会が選手に外出時にJAPANの文字の入ったウエアを着用しないよう呼び掛けた。中国ネットユーザーはコメントを残している。写真は南京の五輪センター。

Record China
2014年8月14日 6時50分
続きを読む

中国サポーターが試合後にごみ拾い=「珍しいニュース!」「日本人と一緒にごみ拾いを」―中国ネット

11日、網易体育は、10日に行われたサッカーの中国スーパーリーグの広州恒大対江蘇舜天の試合後に、広州恒大のサポーターが自主的にスタンドのごみを拾ったことを伝えた。中国のネットユーザーはさまざまなコメントを残している。

Record China
2014年8月13日 3時50分
続きを読む

ランキング