Record China

ヘッドライン:

「韓国へ行くなら殴る」、台湾男優が韓流ファンの娘に苦言=「日本でも同じこと言える?」―中国ネット

配信日時:2014年8月20日(水) 12時33分
拡大
19日、台湾のベテラン俳優が、韓流ファンの娘に対し、「スターを追いかけて韓国へ行くと言い出したら、その前に娘を殴る」と冗談交じりに苦言を呈した。このニュースに、中国のネットが盛り上がっている。資料写真。
(1/2枚)

2014年8月19日、新浪娯楽によると、台湾のベテラン俳優、陳昭榮(チェン・ジャオロン)がこのほど、韓流ファンの娘に対し、冗談交じりに苦言を呈した。

その他の写真

韓国人スターの熱狂的な「追っかけ」だという娘に対し、陳は「スターを追いかけて韓国へ行くと言い出したら、その前に娘を殴る」と冗談交じりに話した上で、「(端午節に中秋節など)なぜ何でもかんでも韓国起源にするのか」と理解できない気持ちを語った。

このニュースに対する中国ネットの主な反応は以下の通り。

「よく言った」

「中国の文化遺産を奪い、排他的。韓国人はゴミだ」

「日本も嫌いだが、韓国はもっとイヤ」

「そうだ。中国人が最も嫌うのが棒子(※韓国人の蔑称)、次に嫌いなのが鬼子(※日本人の蔑称)だ」

「娘が韓流の追っかけだと言っただけで、本人は嫌韓じゃないだろ。誇張しすぎる報道はよくない」

「スターを追いかけるのは構わない。だが自分の両親よりも愛するようになったとしたら、親としてはつらいだろうな」

「台湾人はほぼ親日だからな」

「もし娘が日本に行きたいと言い出しても同じコメントをするのなら、正真正銘の良い父親だ」(翻訳・編集/NY)

関連記事

ランキング