Record China

ヘッドライン:

「日本は力を取り戻している」=韓国は輸出やノーベル賞で大差つけられる―韓国メディア

配信日時:2014年8月20日(水) 10時40分
拡大
18日、韓国・聯合ニュースは韓国の全国経済人連合会(全経連)の調査報告を引用し、韓国のグローバル企業競争力が日本の4分の1に留まると報道した。写真は新宿。
(1/2枚)

2014年8月18日、韓国・聯合ニュースは韓国の全国経済人連合会(全経連)の調査報告を引用し、韓国のグローバル企業競争力が日本の4分の1に留まると報道した。環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

データによると、2012年の世界シェア1位の輸出品目数で、日本が231品目だったのに対し、韓国は64品目と大差をつけられた。さらに、米誌フォーチュンの2014年の世界企業トップ500に入った企業の数は日本が57社、韓国が17社だった。

このほか、科学技術および研究開発(R&D)の分野では、日本はノーベル賞受賞者を16人輩出しているが、韓国はゼロ。調査報告に関して全経連の担当者は、「最近、日本企業は再び競争力を取り戻しており、造船などの分野でもすでに韓国を追い抜いている。韓国の企業は競争力を強化し、政府も積極的に企業が発展する環境作りに取り組むべき」と語っている。(翻訳/北田・編集/内山

関連記事

ランキング