Record China

ヘッドライン:

日本社会に広がる嫌韓ムード、他の東アジア人を見下す日本人の深層心理に起因―中国紙

配信日時:2014年8月17日(日) 9時31分
拡大
16日、日本では韓国人に対するヘイトスピーチや嫌韓ムードが広がっている。中国紙・人民日報海外版は、「日本人の心の中に他の東アジア人を見下す気持ちがあるからだ」と指摘した。写真は日本の反韓デモ。
(1/2枚)

2014年8月16日、日本では韓国人に対するヘイトスピーチや嫌韓ムードが広がっている。中国紙・人民日報海外版は、「日本人の心の中に他の東アジア人を見下す気持ちがあるからだ」と指摘した。以下はその概要。

その他の写真

8月3日、日本紙は「旅客船セウォル号が沈んだ日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の所在が7時間にわたって不明であり、男性と密会していた可能性がある」と報じた。日本の右翼団体は今年4月、東京都内で反韓デモを行い、汚した韓国の国旗を掲げ、朴大統領と慰安婦の写真を並べて「乞食と売春婦」と罵倒。昨年11月には、日本の週刊誌が「安倍晋三首相が『韓国は愚かな国』と発言した」と報じて、大きな問題になった。

日本社会の韓国に対する憎悪や偏見の感情は根強いものがある。こうした状況について、中国政法大学朝鮮半島研究センターの韓献棟(ハン・シエンドン)主任は、「日本人は他の東アジアの人々を下等民族とみなし、自分たちだけが優秀な民族だと考えている。その考えは日本人の骨の中にまで浸み込んでいる」と指摘。中国社会科学院日本研究所外交研究室の呂耀東(リュー・ヤオドン)主任は、「安倍政権が日本を正常国家として集団的自衛権の行使を認め、軍隊を有するためには、周辺国の脅威論を説く必要があるからだ」と説明している。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

朴大統領、日韓関係は「日本の決断に期待」=韓国ネット「韓国併合の国恥日も忘れるな!」「韓国の本来の姿を」

15日、韓国の朴大統領が光復節の演説で「歴史の真実は隠すことも、覆すこともできない」「来年を日韓の新たな出発の元年にするためにも、日本の知恵と決断を期待する」と述べたことについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2014年8月16日 21時38分
続きを読む

ランキング