日本の高校球児がスタンドでごみ拾い=「恐ろしい民族だ!」「なんでごみが落ちてんの?」―中国ネット

Record China    2014年8月15日(金) 4時30分

拡大

14日、中国版ツイッターに投稿された甲子園の様子に中国ネットユーザーの注目が集まっている。資料写真。

(1 / 2 枚)

2014年8月14日、中国版ツイッターに投稿された甲子園の様子に中国ネットユーザーの注目が集まっている。

その他の写真

13日に行われた夏の全国高校野球、三重高校(三重)対広陵高校(広島)の試合後、高校生がスタンドのごみを拾っている様子が中国版ツイッターで伝えられた。あるネットユーザーは「三重高校の高校生は試合に勝っただけでなく、ごみも拾っていた」と書き込んだ。

日本人の“ごみ拾い”は、6〜7月にブラジルで行われたサッカーのワールドカップ(W杯)でも大きな注目を集めたことから、中国ネットユーザーは今回の件にも大きな関心を寄せている。以下はコメントの一部。

「恐ろしい民族だ!」

「なんてことだ!素養が高い」

「この差は数十年どころではない」

「(日本で)ごみを地面に捨てる人がいるなんて!」

「どうして拾ってるの?日本人はごみをポイ捨てしないんじゃなかったの?」

「(ごみが落ちていたことに対して)観客がすべて日本人だとは限らない」

「ごみを捨てたのはみんな在日中国人だとでも言うのか?」

「カップめんのごみがあるかどうかを見れば、中国人がいたかどうかわかるよ」

「日本人はブラジルだろうがどこだろうがごみを拾うってことが証明された。素晴らしい」(翻訳・編集/TK)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携