Record China

ヘッドライン:

韓国人の本当の考え方=「日本と中国は強盗国家」「日中に挟まれた韓国は不幸」―中国メディア

配信日時:2014年8月13日(水) 17時1分
拡大
12日、中国の軍事関連サイト・米尓社区は「韓国人の本当の考え方」と題する記事を掲載し、韓国メディアの報道と韓国ネットユーザーのコメントを紹介した。資料写真。
(1/2枚)

2014年8月12日、中国の軍事関連サイト・米尓社区は「韓国人の本当の考え方」と題する記事を掲載し、韓国メディアの報道と韓国ネットユーザーのコメントを紹介した。

その他の写真

報道によると、韓国メディアは中国が東シナ海上空に防空識別圏を設定してから、たびたび日中の戦闘機が接近する事態が発生していることや、尖閣諸島(中国名:釣魚島)付近で両国の船が対峙することが増えていることに触れ、日中の軍事衝突の可能性を指摘している。これについて、韓国ネットユーザーは以下のようなコメントを残しているという。

「絶対に第3次世界大戦の火種にしてはいけない」

「戦争なんて起きないでほしい。もし起きたら中国を応援するけど」

「このまま再び日中戦争が起きるなんてことないよね?戦争狂に挟まれた韓国は不幸だな…」

「日本と中国は軍事費増強のために茶番劇を演じているだけ」

「強者と強者の間に戦争は起きない。起きるのは強者と弱者の間にだけ」

「日中は見た目には強国だが、実際は大したことない。互いににらみ合って、緊張状態を演出しているだけ。開戦することはない」

「我々は黙って両国に武器を輸出するとしよう」

「日中、米中、日露。どんな戦争が起きたとしても、朝鮮半島が戦場と化す」

「韓国は日中の顔色をうかがわず、しっかりと軍備を増強すべし」

「中国は嫌いだけど、日本の方がもっと嫌い」

「日本人はいつも他人の土地を自分のものだと言い張り、笑えることに勝手に境界線を引いている」

「日本と中国が戦って、どちらも壊滅するのが最高の結果。両国ともに5000年にわたってわが国を苦しめ続けた強盗国家なのだから」(翻訳・編集/TK)

関連記事

ランキング