朴大統領の名誉毀損容疑、産経新聞ソウル支局長を出国禁止=ソウル地検が出頭要請―韓国

配信日時:2014年8月12日(火) 1時40分
朴大統領の名誉毀損容疑、産経新聞ソウル支局長を出国禁止=ソウル地検が出頭要請―韓国
画像ID  431892
11日、産経新聞ウェブサイトに掲載した記事が韓国の朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして、ソウル中央地検が同社ソウル支局の加藤達也支局長の出国を禁止した。資料写真。
2014年8月11日、環球時報によると、産経新聞ウェブサイトに掲載した記事が韓国朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損したとして、ソウル中央地検が同社ソウル支局の加藤達也支局長を事情聴取のため出頭するよう求めた問題で、韓国メディアは「同地検が加藤支局長の出国禁止を通告した」と報じた。

その他の写真

韓国・中央日報は10日、産経新聞が「空説をもとに朴大統領の私生活について悪意ある報道をした」として、同地検は名誉毀損の疑いで加藤支局長に出頭を要請。合わせて出国禁止を決定した。

産経新聞は3日、韓国・朝鮮日報の記事などをもとに、朴大統領が旅客船「セウォル号」が沈んだ当日、7時間にわたって所在不明だったと指摘。「ある男性との密会」をほのめかせ、「現政権はレームダック状態に追い込まれている」と伝えた。

これに対し、韓国の市民団体が7日、朴大統領の名誉を毀損していると同地検に告発していた。(翻訳・編集/AA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事