空飛ぶ車、同時通訳の機能を持つイヤホン…高交会のAIによる画期的な技術―中国

人民網日本語版    2023年11月17日(金) 15時30分

拡大

第25回中国国際ハイテク成果交易会では、至る所に人工知能が見られ、AI応用シーンが広がり、各業界の急速な発展にエンパワーメントしている。

(1 / 3 枚)

第25回中国国際ハイテク成果交易会(高交会)では、至る所に人工知能(AI)が見られ、AI応用シーンが広がり、各業界の急速な発展にエンパワーメントしている。深セン晩報が伝えた。

その他の写真

AI+スマート運転、空を飛ぶ自動車も

高交会では、スーパーカー風の車のルーフにローターとロボットアームが取り付けられていた。スマートカーがスマート航空機に変身し、今にも空へ飛び立とうとするかのようだ。この不思議な自動車は、小鵬匯天の陸空一体型空飛ぶ車だ。

同車は陸空一体型構造を採用しており、ロボットアームやローターなどの飛行システムは折り畳むことで車内に完全に収納できる。車全体のデザインはスーパーカー風で、テクノロジーチックな操縦席は走行・飛行モードの自由な切り替えが可能だ。同製品は来年1月に北米のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に参加し、中国のテクノロジーの魅力を全世界に示すことになっている。

空飛ぶ車

AI+基盤モデル、誰もがプライベートアシスタントを持てるように

高交会の科大訊飛展示ブースでは、中国の「最も賢い国産基盤モデル」と呼ばれる訊飛星火認識基盤モデルV3.0(以下「訊飛星火」)を体験しようと、多くの来場者が足を止めた。人々が訊飛星火を囲んで争うように質問していた。そして、速やかに正確な答えが返ってきた。

訊飛星火のような人と同じく主体的に意思疎通を図る能力は、教育や医療などの国家経済・民生分野で高い価値を発揮し続けている。

絵本を創作しているAI

AI+ハード イヤホンをつけて母語をリアルタイムに切り替え

AIとハードウェア技術の融合により、イヤホンは同時通訳の機能を持つようになった。2人が通訳イヤホンをつけて片方が一言話すと、わずか0.5秒で相手のイヤホンで正確に同時通訳される。それにより、双方は母語で円滑に交流できる。時空壺V3通訳イヤホンは現在40言語と93種の訛りに対応でき、通訳の正確度は95%に達する。すでに世界の170以上の国・地域で販売されており、ビジネス、観光、教育などの業界で広く応用されている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携