22日(土)から24日(月)にかけて 西・東日本で警報級の大雨のおそれ 06-21 17:26
週末の天気 広範囲で警報級の大雨のおそれ 日本海側を中心に危険な雨の降り方に 06-21 17:23
【大雨情報】東海、近畿、北陸、中国、九州など明日から月曜にかけ「警報級の大雨」か…雨シミュレーション22日(土)~24(月)梅雨入り直後の大雨に 06-21 17:23
中国新疆ウイグル自治区各地で洪水対策 増水期迎え 06-21 17:25
プーチン大統領がトー・ラム国家主席と会談「関係強化を非常に重視」 ウクライナ侵攻巡りベトナムは“中立的な外交姿勢”維持 06-21 17:20
焦点:中国「3中全会」、今年は税財政改革を重視 地方政府の収入確保で 06-21 17:26
【立川】6/20(木)~7/3(水)疋田千里 写真展「#おはしのある風景」in 立川 06-21 17:17
韓国の脱北者団体が「対北ビラ」30万枚を発送…「金正恩氏は卑怯な人間ゴミ」 06-21 17:16
インド 密造酒飲んで47人死亡 100人以上が治療中 06-21 17:27
【大雨情報】中国地方はあす土曜に梅雨入りへ 土日はいきなり「警報級大雨」の可能性高く 中国地方に「大雨に関する情報」発表 梅雨前線の活動活発 特に島根・広島は長時間の大雨 土砂災害に警戒【1時間ごとの降水シミュレーション】 06-21 17:15

「葬送のフリーレン」への思わぬ批判に反論=「そういう人は子ども向け作品をどうぞ」―中国コラム

Record China    2023年11月11日(土) 14時0分

拡大

7日、中国のポータルサイト・新浪網に、「『葬送のフリーレン』は女性軽視だ」という指摘が中国のネット上で物議を醸しているとの文章が掲載された。

2023年11月7日、中国のポータルサイト・新浪網に、「『葬送のフリーレン』は女性軽視だ」という指摘が中国のネット上で物議を醸しているとの文章が掲載された。

文章はまず、「新しい日本アニメの中で、『葬送のフリーレン』は最も人気の作品の1つで、優秀な制作陣と豊富な内容で多くの好評を博している。現在、豆瓣(中国の映画・ドラマの情報サイト)での同作の評価は9.5点(10点満点)であり、名実ともに今年の覇権アニメである」とした上で、最近、同作が見舞われているトラブルについて言及した。

文章によると、作中で女性の胸をからかうシーンがあり、一部の女性読者や視聴者から女性を尊重していないとの声が上がっているという。また、「2人の女性主人公が男性キャラクターに媚びている」という声もあるとのこと。こうした指摘に「男尊女卑的だ」などと一部の女性から同調する声が上がる一方、文章は「同作以外にも90%の日本アニメ・漫画にはこのような現象があり、有名作品も例外ではなく、ある種1つの伝統となっている」との見方を示した。

また、実際にそうした考えを否定するネットユーザーもいるとし、「彼らに言わせればこれは日常の笑いの1コマでしかない。同作の中では透視能力を使えるキャラクターがおり、男性キャラクターを透視した際に男性器をからかうシーンがある。女性の体をからかえば女性軽視と言い、男性の体をからかえばおもしろシーンというのは理屈が通らない。ダブルスタンダードではないだろうか」と指摘した。

さらに、「私に言わせれば最近の視聴者は暇人だ。ささいなことで侮辱と言い、文化や社会、女性軽視や差別についていつも騒ぎ立てる。そもそもアニメを見るのは楽しみのためではないのだろうか?繊細な心の持ち主は日本アニメや漫画を見なければいい。このような人々の目にはどの作品も差別まみれとしか映らないだろう」と主張した。

文章はこのほかにも、「主人公はスカートとレギンスを履いているのだが、それすらも男性中心的視点だと言われている」とし、「そもそも“女性の服装の自由”をうたっていたのは、こういう人たちではなかったか。スカートやタイツを履くのが男性中心的視点だというなら、女性の服装の自由は一体どうなるのか。女性の自由を圧迫しているのは一体誰なのか」と反問した。

最後に、「聞こえの悪いことを言うが、一部のネットユーザーたちは『ペッパピッグ』や『パウ・パトロール』のような子ども向け作品を見るのがいいだろう。こうすれば作品に悪意を感じることもない。作中のキャラクターは人間ではないので、差別を見いだすこともないはずだ」と締めくくった。(翻訳・編集/柳朱音

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携