張本智和・美和が準決勝敗退も史上初の兄妹で銅メダル獲得…マカオ開催の卓球ITTF男女ワールドカップ 04-21 11:36
「この日本人アタッカーは……」久保建英は先発?ベンチスタート? スペイン2紙の見解が2分 スタメン予想・配信スケジュール【ラ・リーガ】 04-21 11:30
BOYNEXTDOOR、2nd EP「HOW?」発売記念ポップアップストアが韓国でオープン!メンバーも初日に訪問 04-21 11:30
UAE主将、日本戦の"芝削り行為"が波紋 代表OB指摘「マリーシア評価の時代から変わった」 04-21 11:22
「クレイジージャーニー」にも出演 写真家・佐藤健寿さんが考える「奇界」とは 「境界線を考えてもらうこと自体がこの自分の展示のテーマ」 04-21 11:19
GWはアートに過ごす! 連休に日本文化を堪能できる、穴場の私立美術館 04-20 09:19
発覚当日に「僕が盗んだ。もう終わりだ」 水原容疑者破滅の1か月、露見した嘘と大谷翔平への裏切り 04-21 11:15
信号待ちに“暴走車”衝突で3台が横転 1人が死亡 車からは“助け求める手” 中国・江西省 04-21 11:10
大谷翔平、得点圏打率・095 ロバーツ監督から伝えられた助言「アグレッシブなのは悪くない」 04-21 11:13
アイスクリーム万引きしコンビニ店長から『2度逃走』…中国国籍の自称大学院生”9時間後”に逮捕 商品入れたカバンは路上に放置 札幌市 04-21 11:17

アニメ「進撃の巨人」完結を前に原作者がコメント発表、中国ファンは「ある一言」に反応

Record China    2023年11月3日(金) 10時0分

拡大

1日、アニメ「進撃の巨人」のX公式アカウントが原作者・諫山創氏のコメントを発表し、中国でも反響を呼んでいる。

2023年11月1日、アニメ進撃の巨人」のX(旧ツイッター)公式アカウントが原作者・諫山創氏のコメントを発表し、中国でも反響を呼んでいる。

「進撃の巨人」は諫山創氏の漫画が原作。人類は突然出現した「巨人」の脅威から免れるため3重の城壁を作り、壁の内側で生活を営んでいる。そんな脅威に対抗すべく、主人公のエレン・イェーガーが幼なじみのミカサ・アッカーマンやアルミン・アルレルト、その他の仲間と共に成長し、巨人と戦う姿が描かれる。

4日に「The Final Season完結編(後編)」の放送を控える同作は、10月28日にYouTubeで最終PVを公開しており、日本のみならず世界中のファンがその終幕を見届けようと期待が高まっている。

同公式アカウントによると、諫山氏は「TVアニメ化から10年間、長いことお付き合いいただき、本当にありがとうございます。完結編(後編)にあたるクライマックスシーンは、原作でも大変な作画でしたので、『MAPPA(=同作のアニメ制作会社)さんも大変だろうな。MAPPAさんはやめてくれって思ってるだろうな。MAPPAさん、ごめんなさい。本当にごめんなさい』と思いつつも、アニメでどのように表現されるか楽しみです。また今回僕の希望で少しだけラストのネームを描き直させていただきました。ぜひ最後までご覧ください」とコメントした。

中国のSNS・微博(ウェイボー)で452万のフォロワーを持つアカウントはこのコメントを紹介。中国のネットユーザーからは「大丈夫、信じているから」「先生も申し訳ないって思うのか…」「いいんだよ」「諫山先生…(涙)」「楽しみにしているから」など慰める声のほか、「自分は(同作を)いじってネタにすることもあったけど、本当は先生が創ってくれた偉大な物語に感謝している」「とにかく、『進撃の巨人』を描いてくれた先生には感謝している。自分の中で永遠の神作品」「ありがとう」と感謝を示すネットユーザーも見られた。

一方、諫山氏の「少しだけラストのネームを描き直させていただきました」という一言に反応するファンも多く、「大丈夫さ。しっかり描き直してね」「ストーリーを変えたのではなく、コマ割りを変えただけってことなら問題ないよ」「先生は視聴者の声を聞いて、入念に漫画で物語を表現している。さらにはMAPPAの視点にも立って物事を考えられる人だ。本当に恐れ入った」という声がある反面、「ストーリーを変えるかと思って焦った」「本当に変わるのはコマ割りだけだよね?」「どっちみち本当にフィナーレなんだから、放映されたらファンとしては受け入れるしかない」などのコメントも寄せられた。

なお、「進撃の巨人 The Final Season完結編(後編)」はNHK総合で11月4日24時(=5日午前0時)から85分スペシャルとして放送される予定。(翻訳・編集/柳朱音

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携