舛添都知事、ヘイトスピーチ規制を要請=韓国ネット「いよいよ狂ったか」「右翼だけでなく日本人全体の問題」

配信日時:2014年8月8日(金) 2時20分
舛添都知事、ヘイトスピーチ規制を要請=韓国ネット「いよいよ狂ったか」「右翼だけでなく日本人全体の問題」
画像ID  431449
7日、東京都の舛添要一知事は、在日韓国人などに対する民族差別的なデモ「ヘイトスピーチ」を規制する法整備を自民党に要請した。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は反韓デモ。
2014年8月7日、韓国・朝鮮日報によると、東京都の舛添要一知事は、在日韓国人などに対する民族差別的なデモ「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」を規制する法整備を自民党に要請した。

その他の写真

舛添都知事は、自民党内のグループ会合で来賓としてあいさつし、「このままでは東京五輪はできない。スポーツで結びつく平和祭典の開催都市で、そんな恥ずかしい言論を許していいのか」と述べ、ヘイトスピーチに対して国レベルでしかるべき対策を取るべきだとの考えを示した。舛添都知事は先月にも、朴槿恵(パク・クネ)大統領との会談で、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、「(ヘイトスピーチは)都として絶対に容認しない」との考えを示している。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「嫌韓デモを防ぎたければ、まずは歴史教育・人権教育から正すべきだ。間違った歴史を素直に認め、謝罪しろ」

「今まで何の処置もしなかったくせに、口だけは達者。これは右翼だけの問題ではない、日本国民全体の問題だ」

「市民の当然の権利であるデモを抑制する?日本もいよいよおかしくなったか」

「味方のふりして、最終的には利用する。政治家はいつもそうだ」

「韓国人は喜怒哀楽を人目をはばからず表に出すが、日本人は違う。表と裏が違うから気をつけろ」

「(舛添都知事は)安倍(首相)より100倍、いや1000倍マシだ」

「嫌韓デモの根絶は、日本の利益にもつながる。彼は自分がどう動けば利益になるか知っている頭が良い政治家だ」

「彼のようなマインドを持った人は恐ろしい。日本の真の発展に必要な人物だからだ。彼には他国の非難を鎮める器がある」

「(舛添都知事を招待した)ソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長、今回は本当に意味のあることをしてくれました。一日も早く日韓関係が良くなってくれたらと思います」(翻訳・編集/まつ・むら)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事