北京市のマクドナルド、バーガーを「野菜抜き」で販売!価格はそのまま=「買うかどうかは客次第」―中国

配信日時:2014年8月5日(火) 20時46分
北京市のマクドナルド、バーガーを「野菜抜き」で販売!価格はそのまま=「買うかどうかは客次第」―中国
画像ID  431122
5日、北京のマクドナルドで野菜が抜かれた肉だけのハンバーガーが売られている。
2014年8月5日、京華時報によると、北京のマクドナルドで野菜が抜かれた肉だけのハンバーガーが売られている。しかも、もともとの野菜入りのハンバーガーと同じ価格だというから驚きだ。

その他の写真

北京のマクドナルドは、上海福喜食品の期限切れ肉問題の影響でドリンクのみを提供していた状態から、徐々に通常メニューを復活させつつある。しかし、一部の店舗では、ハンバーガーが「野菜抜き」の状態で販売されている。

ビッグマックを購入しようとした馬(マー)さんは、店員から「バーガーには野菜が入っていませんが、よろしいですか」と確認された。しかも、価格は野菜が入った通常の商品と同じだった。

マクドナルドは食肉のみを福喜食品から仕入れていると思われているが、実際は野菜も同社から提供を受けている。そのため、福喜食品からの原料を全面的にストップしたため、野菜の供給にも影響が出ている。

マクドナルド側は「販売する際に野菜が入っていないことはお伝えしている。買うか買わないかは、お客様の判断」としている。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事