≪韓国ドラマREVIEW≫「正直にお伝えします!?」5話あらすじと撮影秘話…ついにコ・ギョンピョとカン・ハンナのキスシーン=撮影裏話・あらすじ 07-16 09:24
テマセク、インドに3年で最大100億ドル投資へ 中国には警戒姿勢 07-16 09:25
≪韓国ドラマREVIEW≫「正直にお伝えします!?」4話あらすじと撮影秘話…カン・ハンナからのデートの誘いを断るコ・ギョンピョ=撮影裏話・あらすじ 07-16 09:11
≪韓国ドラマREVIEW≫「正直にお伝えします!?」1話あらすじと撮影秘話…男に突然襲われ机に押し付けられるコ・ギョンピョ=撮影裏話・あらすじ 07-16 09:09
Fosi Audio、PFFB技術を採用したモノラルパワーアンプ「V3 Mono」。Makuakeにて先行販売開始 07-16 09:08
生成AIの企業普及、中国が米国を引き離し世界トップに―独メディア 07-16 09:07
筑波大は「勇敢」だった 誹謗中傷から監督が“防波堤”に…エースが告白、天皇杯の軌跡【コラム】 07-16 09:14
バスケ林咲希&クライミング安楽宙斗&レスリング藤波朱理&バレー石川真佑&スケボー小野寺吟雲のモチベ曲 07-16 08:58
2024/07/16 全国の天気予報 朝 ~静岡県で土砂災害警戒情報 あすにかけて土砂災害に警戒~ 07-16 09:14
トランプ関連株が急騰、銃撃事件受け大統領選勝利との見方で 07-16 08:50

中国のアフリカ向け融資が急減、過去20年で最低に―独メディア

Record China    2023年9月25日(月) 17時0分

拡大

24日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、中国によるアフリカ向けの融資規模が急速に縮小しており、融資額がこの20年で最低水準になったと報じた。

2023年9月24日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、中国によるアフリカ向けの融資規模が急速に縮小しており、融資額がこの20年で最低水準になったと報じた。

記事は、ボストン大学グローバル開発政策センターの「グローバル・チャイナ・イニシアチブ」が発表した最新の調査で、昨年の中国による対アフリカ融資額が10億ドル(約1480億円)を下回って過去20年間で最低水準となったことが分かり、同センターが「この研究は、中国が数十年続けてきたアフリカ大陸におけるインフラブームから脱却しつつあることを浮き彫りにしている」と論じたことを紹介した。

そして、アフリカが中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が2013年に始めた「一帯一路」構想の焦点となっており、ボストン大学の調査によると2000年から22年までに中国がアフリカに1700億ドル(約25兆円)の融資を行ったと推定される一方、融資規模は16年にピークを迎えた後急速に減少し始めており、昨年合意に至った融資案件は9件、融資総額は9億9400万ドル(約1480億円)で、04年以来の低水準にとどまったと伝えている。

中国の対アフリカ融資が急速に縮小している理由について記事は、アフリカ諸国の債務負担の深刻化と中国経済の悪化の2点を指摘。中国による対アフリカ諸国インフラプロジェクトをめぐって欧米の専門家の間で「中国が貧しい国々に持続不可能な債務負担を負わせている」と論じられてきた中で、20年に東アフリカのザンビアが債務不履行に陥り、ガーナ、ケニア、エチオピアといった国々もまた債務の泥沼に苦しんでいるとした。

また、中国も不動産市場の低迷、不安定な人民元為替レート、世界的な中国製品需要の低下など多くの問題を抱えているとし、これまでアフリカ向け融資の大部分を担ってきた中国開発銀行と中国輸出入銀行が戦略を転換し、国内の成長サポートを重視するとともに、海外向け融資も自国に近い市場に向けるようになったと伝えた。

記事はその上で「融資額の減少は必ずしも中国のアフリカへの関与の終わりを意味するものではない」とし、 中国のアフリカ向け支援や「一帯一路」構想が従来のインフラ建設重視から質の高さや環境への配慮といった点を強調するようになったことの表れであるとの見方を示している。(翻訳・編集/川尻

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携